電車で自分の「人工肛門」を見せて来た爺さん。驚かなかった俺に、爺さんは人口肛門についてを熱く語り出した


fWgms


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9

122: 名無しさん@おーぷん 2015/08/25(火)21:32:08 ID:7px
電車の中で座って携帯いじってたら、隣に座っていたじいさんに、
「そんな小さい字が読めるのか?」と穏やかに言われた。
はぁ、と適当に流していたら、そのじいさん、
自分の携帯を取り出して、自分はこれくらいの大きさの字だ。
登録してるのはだいたい、医者かヘルパーさんだ。と一方的に話し出した。
  • 迷惑だなーと思いつつ、そんな嫌な話ではなかったので、
    適当に相槌を打っていた。
    写真もあってだなー、前の携帯は壊れたら写真が全部ダメになって
    今はSDカード入れてるんだと得意げ。
    んで、写真の一枚をいきなり見せてきて、
    自分には今こんなんがついていると言う。
    写真を見てすぐわかった。人工の肛門(ストマ)だ。

    自分は父がストマ持ちなので、驚きもせず見ることができたが、
    知らない人が見たらグロい写真に見えただろう。
    「人工の肛門ですか。」とじいさんに言うと、
    「知ってるのか?」と少々驚いた様子。
    その後人工の肛門を持った人達の会について熱く語りだしたが、
    降りる駅だったので詫びを入れて降りた。

    父にこのことを話すと、とても他人様には見せられないと不思議がっていた。
    しばらく考えていたが、あのじいさんは軽い変態さんなのではないかと思う。
    ストマががっつり写ったその写真は、自分にとっては衝撃ではなかったが、
    他の人にも同じことをしていたなら、やってることは露出狂と変わらん。
    123: 名無しさん@おーぷん 2015/08/25(火)22:31:16 ID:e3h
    じいさんww
    写真見せる前までは良くあることなのにw
    人工肛門見たことないから検索してみたいけど、
    止めといた方が良さそうね
    それにしても普通の写真なかったのかねw




    124: 名無しさん@おーぷん 2015/08/25(火)22:52:42 ID:7px
    >>123
    普通の写真、ありすぎるくらいあったよ。
    楽しくカラオケしているであろう写真とかさ。
    わざわざストマの写真探してきて見せてきたのよ。

    MT運転中の私の左足を彼氏がいきなり掴んできて「ドーン!ドリフトしてドリフト!私ちゃんのダブルシフト技術が光ります!」

    夫が「仕事の相談」という理由で同僚女と2人きりで何度も飲みに行ってるのが気に入らない。毎回キレてたら離婚を言い渡された

    ウチの産業廃棄物置き場を燃やしていたガキを捕まえたらキチママがやって来て「うちの子が遊んでるでしょうがああ!!」

    母親が在日朝鮮人だと暴露してきた。嫌いな国の血が混じってると思うとショックで受け入れられない

    旦那が喘息の息子を怪しいマッサージ師(田中)に診せたがる。田中を信じきってる旦那「知識が豊富だから田中さんに診て貰えば間違いない」

    中2の女子だが、毎朝毛の処理をしている私に母が何度も溜め息を吐いてくる。母からは「親になれば分かる」と言われるばかり

    旦那従姉の子供と娘を交換してた旦那。病弱な娘が産まれた旦那従姉はウチの娘を「この子なら育てられる」旦那「仕方ないなぁ~」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    生活ちゃんねるの最新記事をお届けします
  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • 【オススメ】記事


    2 件のコメントがあります

    1. 名無しな生活

      電車やバスの中でたまたま隣になったってだけで馴れ馴れしく話してくる老害ども、マジで迷惑だからほんとに消えてほしいわ。

    2. 名無しな生活

      ただの爺婆あるあるだろ
      電車やバスでたまたま隣になっただけで身の上話とかベラベラ話してくる爺婆なんて五万と居るし
      元々爺婆は自分の病気に関する話は大好きだ
      まあ話し相手が欲しいだけの寂しい人なんだから、適当に相づちうっときゃいいんだよ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    post date*

    twitter
    シェアボタン
    生活ちゃんねるの人気アイテム

    最新記事

    アーカイブ

    最新コメント

    • 2

      コメント
    --------------