怒ったことのない優しかった友人が母親の死で急変、遺骨を納骨することすら許さず理解不能な嘘を付き始めた


images15631616


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11

414: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)11:05:09 ID:kC5
長年の友人が、職歴なしでずっと生きている。
当時はニートという言葉がなく、プータロー、高等遊民と呼ばれていた。

友人の実家は裕福で、アパートや駐車場などを所有しており、
働く必要がない奴だった。
  • 上記の理由で不労所得があるため、羽振りがよく
    奢ってくれることもしばしばだった。
    金持ち喧嘩せずのことわざ通り、穏やかな気のいい奴で、
    怒った顔など見たこともなかった。

    その友人の母親が死んだ。70代後半だから妥当な年齢だろう。突然死だった。
    大きな屋敷に父親と友人の二人暮らしになった。
    それから友人の性格が一変した。
    穏やかで悪口一つ言ったことのない男だったのに、
    愚痴と批判ばかりになった。
    何より、死んだ母親を罵倒するようになった。
    母親が生きている頃は、親孝行でむしろマザコンのような奴だったのに
    「母親が俺を縛りつけたせいで家から出られなかった」
    「働くことができなかったのは、母親の養育が歪んでいたせいだ」
    「人並みに働き、結婚したかった」
    「人生を壊された」
    とすべてを死んだ母親のせいにするようになった。

    母の遺骨を納骨することすら許さず、
    家に置きっぱなしにしているというのはさすがに異様だと思った。
    父親は友人の剣幕が恐ろしくて逆らえないらしい。
    415: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)11:05:18 ID:kC5
    母親が死ぬまでは、
    自分の人生に満足しきって高等遊民をやっていたようだったのに
    急にスイッチが切り替わってしまった友人が衝撃だった。

    ちなみに友人を子供の頃から知っている別の友人いわく、
    母親は毒親でもなんでもなかったようだ。
    放任系過保護とでもいうか、何でも友人の好きなようにさせていたらしい。
    少なくとも家に縛り付けたりはしていないと言う。
    裕福な家なので見合い話しは何度もあったらしいが、
    そのたび断ったのも友人本人。

    以前の穏やかでほがらかだった友人とは別人になってしまったため、
    今では友人を誘うこともなくなってしまった。
    たまに車で友人家を通りかかると、
    庭や外壁があきらかに手入れされず荒れている。
    友人は今50代、父親は80代だ。
    これからどうするんだろうと不安になるが、何もしてやれない。
    420: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)12:23:13 ID:RnZ
    お母さんがあまりにもこまやかに世話を焼き過ぎたんだろう

    母親が亡くなって、身の周りの世話をしてくれる人がいなくなって
    自分があまりにも何もできない現実に直面せざるを得なかった
    しかも、気が付いたら周りの友人はこれまでの何十年かで
    自分で築き上げたものをもっている
    でも、自分にはそういったものが何もない
    お母さんが亡くなるまでに自分で気が付く事が出来てたら
    もしかしたら軌道修正できたのかもしれない

    今からだって修正できる部分はあるだろうに
    親を恨んでる時点でもうどうしようもないだろうな
    今日と言う日が人生で一番若い日なのに
    親への恨みつらみだけで無為に過ごしてるだけなんだから







    419: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)11:52:37 ID:dxS
    その友人は究極のマザコンだろうね。恐らく、

    母親の生前
    →母親が家事全般&友人の身の回りの世話をすべてやってくれて
    快適生活・おまけに金には困らない・無職だから仕事のストレス無し
    →よって性格穏やか

    母親の没後
    →家事全般&身の回りの世話を誰もしてくれない
    →母親が亡くなったせい!
    →嫁(家事&お世話要員)を貰おうにも、職歴無し、
    マザコンゆえに女性対応スキル0
    →母親の教育が間違ったせい!!

    ってことなんだろうな。
    でもいい歳した大人だし、資金も潤沢だろうから、
    家はお手伝いさんなり雇えばいいし、
    本人も今から資格なり取って働けばいいのにね。
    根が他力本願なのかな。

    亡くなった友人の遺品からとんでもない物が出て来た。俺は友人弟に確認のため呼ばれたが、その事実に気分が沈み悲しくなった…

    妻が昇進昇給したので黙って退職したら離婚を言い渡された。犬の散歩してるのに妻「働かない癖に家事もしないのは無理」

    会社の既婚者のオッサン上司から年賀状が届いた。新年の挨拶と共に「この前の旅行楽しかったね」と行ってもない旅行の事が書いてあった

    高校生の私に寄り掛かる我が儘キチ母のせいで未来を奪われた。全てを犠牲にした私に母が「お母さんは全て諦めたのよ!」

    元彼が人を雇い、私を襲わせ、自分が助けることで復縁しようとしていた。元カレ「復縁してやってもいいのに、アプローチしてこないから制裁した」

    子供の名前を「柊石 (しゅうせき)」「柊志 (しゅうじ)」にしたい。キラキラ度50%を超えなければ名付けたいと思います

    愛人を作り子供まで産ませた元夫を、娘の結婚式に出席させたいと言い出した元夫親類。断ると「それくらい良いじゃない!」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    生活ちゃんねるの最新記事をお届けします
  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • 【オススメ】記事


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    post date*

    twitter
    シェアボタン
    生活ちゃんねるの人気アイテム

    最新記事

    アーカイブ

    • 0

      コメント
    去年の今日の記事
    --------------