「無料の鍼灸師」を友人から紹介され施術を受けてたら詐欺の片棒を担がされていた。警告書が届き友人に知らせると


おわ


引用元: 友達をやめる程じゃないけど本気で引いた時43引目

774: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:16:08.14 ID:A6jtGSe2.net
大前提で、私が無知でバカだったために起こった事ではあるんですが、
どうやら詐欺?の片棒を担がされたようです

ここ数年軽い腰痛持ちでその話を友人にしたところ、
交際相手が鍼灸師なので頼んであげると言われました
  • 私も気を使うので断ってはいたのですが
    少々強引にセールスされ施術を何度かうけることに
    その度に代金を支払いたいと伝えていたのですが受け取ってもらえず、
    保険だけでいいから気にしないでと言われ菓子折りと保険証だけ渡していました
    ですが後日保険組合から警告書が届き施術をうけた理由を聞かれたため、
    念のために友人に確認すると腰痛持ちではなく事故と回答してくれと頼まれました
    情けない話でその時はまだ私も友人の整体は保険適用されるから、
    という言葉を信じていました

    再度警告書が届いたため不安になり第三者に聞いてみたところ、
    それ詐欺の片棒担がされてるよ、と言われて
    はじめて療養費不正請求の仕組みを知りました…
    この件で完全に疑心暗鬼になり
    それから施術や身内もどうだというセールスも一切断っているのですが、
    もしや実際に施術された回数までも水増しされているのでは?という疑念も湧きます
    勝手な憶測ですが通院ではなく往診で請求金額が通常より高額だったために
    組合が不思議に思ったのではないかと思います

    また友人の普段の話の内容や、自身もタダで施術を頻繁に受けて
    往診で保険請求させていることから、これらの仕組みを全てわかった上で
    客もこっちもwinwinという感覚で友人知人に施術を勧めてまわっているのだと思います
    親切心で言ってくれていると思っていたけれど裏でそんなお金が動いていたと知って
    無知は罪なんだと猛反省ですし、友人を見る目が変わりました
    775: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:50:39.88 ID:0khVb/hz.net
    そんな風に友達や交際相手から言われてて再三お金払うって言ってて…
    ということなら騙されても仕方ない
    相手は間違いなく分かっててやってるんだから一番悪いのは相手だよ
    次から気を付ければいいことだと思うからそんなに自分を責めなくてもいいんだよ







    776: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:38:04.38 ID:gejX45c8.net
    ていうか友達やめていいレベルだよ
    777: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:41:08.14 ID:ys+Ew03A.net
    お金が絡むことで嘘をつくことを強要されるのは友やめ物件

    女「工場の作業着でデートに来たから振ってやった。あいつは零細町工場勤務」女は武勇伝のように語っていたが、その男、実は

    現嫁が化粧品や服を安く済ませ、2年前に買った4千円の時計をまだ使っていて引く。元嫁は美容代にそこそこ金を使ってたのに

    母が事故で亡くなり、保険金を相続して通帳が8桁になった。これをキッカケに妻に離婚を切り出したら、高校生の娘2人に泣いて止められた

    超良男と結婚して酷い肌荒れが治った同僚が悪女に変貌、男が倒れるまで奴隷にし不倫に走った。離婚後、同僚の体にまた変化が

    現在離婚協議中で、夏休みに子供とUSJに行く約束をしていたのに、嫁が子供を連れださせてくれない。勝手に行ったら警察呼ぶとか、狂ってんのか

    友人を事故で亡くした小1の私に、母「アンタが○○(友人)ちゃんの代わりに死ねば良かった」未だに許せずモヤモヤする

    学習障碍で虐められていた私を「とりあえず学校へ行かせた」両親が憎くて仕方ない。あの3年間がどんだけ苦痛だったか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    生活ちゃんねるの最新記事をお届けします
  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン
  • 【オススメ】記事


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    post date*

    twitter
    シェアボタン
    生活ちゃんねるの人気アイテム

    最新記事

    アーカイブ

    • 0

      コメント
    --------------