まとめ連合



ウトメ宛に子供の写真と手紙を郵送するも受取拒否!私「そういうことなら…」→後日、トメ「お父さんを怒らせるからよ!謝るなら許すから!」私(ニヤリ)。実は…

22: 名無しさん@HOME 2007/09/25(火) 22:46:13
もう何年も前ですが、ウトメたちのほうから私にケンカ売ってきたので 
よしきた!とばかりに買って、めでたく絶縁状態になりましたw 

発端はウトメ宛に送ったプレゼント(孫子の手紙と写真入り)を 
受け取り拒否で送り返してきたのです。 
そうすれば私が驚いて謝罪するものだと勝手に妄想していたようで、 
送り返されてきた直後は???だった私ですが、これは拒絶なんだな・・・と 
素直に受け取って、拒絶を受け入れることにしちゃったわけです。 

ウトの傲慢さとトメの底意地の悪さに辟易していたのでかえってラッキー! 


23: 名無しさん@HOME 2007/09/25(火) 23:14:54
>>22
現在のウトメの状況は?


24: 名無しさん@HOME 2007/09/25(火) 23:36:26
心底バカなウトメだなwww

25: 名無しさん@HOME 2007/09/25(火) 23:36:57
>>22です
そのままほったらかしにしておいたら、業を煮やしたのか
数週間たってからトメから電話がありました。
「あんたたちがお父さんを怒らせるようなことを言うから」と。
謝れば許してやる・・・みたいなことも言われました。

思い返してみたら、トメがうちに遊びに来た時、
「弟クンや弟クン家族ははお父さんの言うとおりにするし、長い休みには必ず帰ってくるのに
なんで●●クンはそうしないの?」とトメが執拗に責めたので
実家嫌い夫が「そりゃ弟はあれだけ結婚の時に金使わせたんだから言うとおりにするしかないだろ。
俺たちは全然世話になってないからなぁ」と答えたのを
「生まれてから今までまったく世話になっていないと息子タンが言った(でも言わせたのは嫁)」
とトメに吹き込まれて、ウトが激怒したんです。

26: 名無しさん@HOME 2007/09/26(水) 00:34:14
>>22です

下手な文章をダラダラとすみません<(_ _)>

夫は私との結婚に反対して式に出席しなかった両親との縁を切ると言い、
一切付き合わなくなりました。
息子に会えない事をトメがあまりに嘆くので、
同情した私が間に入ってトメに連絡したり泊まりに来てもらったり
仕送りをしたりして、夫実家と夫を繋いでいたんです(今考えるとバカ)
最初のうちは「やっぱり女の子の方が話ができていいね〜。」とか
「息子よりあなたのほうがかわいい」などと言って
猫をかぶって良い姑を演じていたトメ。
トメ自身相当ひどい嫁いびりをされ、婚家から家出したこともある
などの苦労話も散々聞かされたし
「わたしは絶対嫁いびりなんかしないから安心して」と何度も言われました。
でも実態は、偽実家にめったに帰省しないのも、
同居できないのもすべて嫁である私が操作している・・・と。

つまり、悪いことは全部私のせいになってました。

時折電話で話すウトが妙に私に対して嫌味ったらしいなぁと思っていたんですが、
それもそのはず。。。家に戻るとウトには私の悪口三昧だった模様。

現在は2年に一回くらい、忘れたころに電話がかかってきますが、
NDでわかるので夫がいない時は留守電対応、いる時は夫にすぐかわります。
夫が不機嫌そうにほとんど口きかない状態で対応するためすぐに切れます。
粘着でないところが救いです。
ちょっと心配なのは「どちらか片方が病気になったりシんだりしたら面倒をみる」と
時折夫が言うこと。(それまではほっとけばいい と思っているらしい)
私は既に鬼嫁呼ばわりされているので看る気はありませんし、その旨夫に伝えてあります。

27: 名無しさん@HOME 2007/09/26(水) 00:51:11
勝手に仲取り持っておいて嫌になったらあとはシラネってか。
旦那も振り回されてかわいそうに。


28: 名無しさん@HOME 2007/09/26(水) 00:59:47
>>22
最初から旦那の言うとおり疎遠にしてりゃ面倒事抱え込む事もなかったろうに。

30: 名無しさん@HOME 2007/09/26(水) 01:05:38
>>22です

>>27あ〜そうですね。優しい良い嫁と思われたかったんだと思います。
夫は「ほっとけ」って言ってたんだから言うとおりにすべきだったな・・・。
余計なことしたおかげで、たっぷり嫌な思いしたけれど、自分で招いたことだったんですね。
ここへ書き込んだおかげでそれに気づけてよかったかも。
ありがとうございます<(_ _)>




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>