まとめ連合



姉「無理やり同居させられた」母「我慢なさい」→姉「浮気された」母「正妻はドンと構えてなさい」→父「姉、なんでお父さんに早くに言わなかった!」姉 「だって、この人(母)が・・・(泣)」

216: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 09:54:18
>>211
エネmeから救い出そうと手を差し伸べても振り払うんだから仕方ないよ。
ある程度諭しても無駄だと思ったら外野は「結局は自己責任」で終わらせるしかないもの。
自分がそういう状況に居るのは構わないけど他人にまで強要するのはおかしい。

217: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 09:56:08
それお母さんもかわいそうだよ。
姉と母が絶縁になってしまうのは仕方ないかもだけど
父と母の離婚話はなんで?
父がそこで母を見捨てるっておかしくない?
母が嫁いびりされてた時代の辛さがあったからこそ
母はその頃の洗脳と思い込みで娘にそうせざるをえなかった(精神的に)んだろうに
なんで父がそこで母を見捨てる?
あなたは両親の離婚調停に関しては反対しないの?
姉もかわいそうだけど母はもっとかわいそうに思える。

218: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 09:57:10
>父や私たちがどれほど言っても、泣いて頼んでも
この内容にもよるよ。
父が蝙蝠だった可能性もある。

いずれにしろ父の責任がないわけじゃないだろ。
そこで母を見捨てる父は無責任だ。

219: 205 2010/02/27(土) 09:58:26
覚えている限り、父は祖父母と闘ってくれてたよ。
でも母がまぁまぁ…って止めちゃう感じ。
別居だ!って言うと
母が「そんな事したら近所の人に何言われるか…」とか
「年取ったおじいちゃんおばあちゃんを置いて行けない」とか。
あと「引っ越したら子供達も転校しなきゃない。
せっかくお友達がいて楽しくやってるのに大人の都合で振り回しちゃかわいそう」
「子供には祖父母が必要、子供達にはいいおじいちゃんおばあちゃんよ」
「ここは家も庭も広いし、のびのびと遊べる環境もあるし」
みたいに、「子供のため!」みたいな事を力説する。
そうすると父も何とも言えなくなってしまう。
実際はそんなのどうでもよくて、4人で狭くてもいいからのんびり暮らしたかったけど。

で、最後には
「あんたたちが居るからお母さんは何でも我慢できる」と。
姉が結婚する前は、しみじみと
「我慢して良かった。お父さんと結婚して良かった。
子供達が元気に良い子に育ってくれてよかった。
いい人生だ」って言うの。
だから本当に姉に言った事は、正しい事だって思ってたんだと思うよ。

221: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:03:14
お父さんが離婚したがる理由も分かるよ。
それまで家族を一番に考えてきたみたいだし、
それをお母さんがブチ壊したんだから。
しかも娘が自分を頼ってきたのを、妻が独断でシャットアウトしたんだし、
そのせいで娘が壊れちゃった。
拒絶したくもなるでしょうね。

222: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:04:38
>>219
お母さんはいわゆる時代の被害者だね。
自分自身のご両親からそういう教育を受けてるんだよ。
妻は従うべき、舅姑夫は大事にすべき。
子供のために母は何でも耐えるべき。

昔から女性に強制されてきた、男性主権からみた良妻賢母の立場を
子供の頃から徹底的に叩き込まれて育ったんだよ。
だからお父さんのした提案の全てが
「夫にそんなことをいわせてしまう自分はダメ嫁」
「自分さえ我慢すればいい嫁、いい家族でいられる」

という思考になるのと同時に
その提案にしたがって自分を助けてしまうことへの
絶大なる恐怖心と自己嫌悪感があって動くことができなかったんだよ。

今言っても仕方ないことだけど
当時、その提案を蹴り続けた母に
父がその恐怖を取り除くべく、カウンセラーでもうけさせてやるべきだったね。
それすら並大抵のことではなかっただろうけど。

本当に徹底的に叩き込まれたそういう概念は
自分で打ち崩すことが難しいし、
打ち崩そうとすることに強い恐怖を感じるんだよ。
おそらくお母さんは、その助けにのることに恐怖を感じていたはず。

やっぱり205とお父さんくらいはお母さんを支えて欲しいと思うな。

223: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:06:26
母親は自分自身を守る意味でも強くないと
ただ耐える方向にだけ強くなろうとすると
子供に対して毒親になってしまう事例の典型的なやつだね。

224: 205 2010/02/27(土) 10:07:26
また思い出した。
家を出ると言う話になった時、母が
「お父さんが出て言っても私は残る。それが嫁の務めだから」
って言いきった事あったよ、母ちゃん…
なんか>>216がそのまま私の言いたい事言ってくれてる感じかな。
6人兄弟の末っ子で、祖母が大正生まれの青森育ち。
ひたすら働いて、ひたすら婚家に尽くして、ってのが当たり前。
そんな祖母を見て育ったからだと思う。
ある意味時代の変化についてこれなかったって感じかな?

225: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:09:00
ああ……だからお姉さんも我慢しちゃったのかもね……

226: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:11:50
>>224
あー、うち祖父母がまともだったのと父が早く逝ったために実害比較的少なかったけど
うちの母の脳内は205家のお母さんといい勝負。
姑に尽くしきれなかったとか何とか思い出したように自分に酔いまくる。

きついようだがそういう人が開眼することは天文学的確率だと思うので
205も205父も逃げて正解。

227: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:12:25
このお母さんて結局家族の誰の話も聞かず、
自分の意見を押し通してるだけだよね。
家族の意見より世間体ってものを大事にしてるし。
夫の別居申し出も喜んで断り
娘のヘルプコールも無視して自分の価値観を押し付けただけ。
自分が苦しんだんだからお前も苦しめなんていう人間とは
婚姻関係継続できないよ。

子供にもお前のために苦労したんだとか呪いをかけてるし、怖いよ。
子供のためにとか世間体をきにしてとか旦那のためにとか
全部自分が決断したことなのに統べて子のせい夫のせい世間体のせい他人のせい。

228: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:14:03
>>226
うん、なんか「婚家に使えるけなげな嫁」「辛くても子供を一番に考える素晴らしい母」
「耐える自分」に酔ってる感じだよね。
たんなる自己満足じゃん。
たまに出てくる様式美みたいな考えにどっぷりつかってる人だね。

229: 名無しさん@HOME 2010/02/27(土) 10:14:35
>>226
自力開眼は不可能だし、素人に開眼させることもほぼ無理だけど
専門家の力を借りればそうでもないよ。

205の母は時代と環境と両親からそう洗脳されてるだけだから。
こうあるべき、と自分が絶え続けた環境を変化させることは
たとえそれがいい方向にであっても、ものすごく恐怖を伴うことなんだよ。
その根源的な恐怖を取り除く手立てをとらないままに
ただ、環境だけを助ける提示だとのってこれなくても仕方がないんだよ。
これは心理学的に同じ状況の洗脳を受ければ誰もが陥る問題だ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>