まとめ連合



私「K(婚約者)と解消したい」家族「いい人なのに?!」私(わかってくれない)家族の前でKに電話→後日、父「この縁談は解消願います」

754: 恋人は名無しさん: 2008/06/19(木) 15:13:17 ID:NKHFeB9rO



修羅場っぽいし投下しようかな。



登場人物

私子 自分、当時20歳。

(私子家族/両親、兄二人)



K 元カレ、当時23歳。

(Κ家族/両親、妹二人)





今から3年前なんだけど、私子はKと別れの際に居ました。

理由はΚの浮気とその他諸々。







Κとは4年近く付き合っていて、結婚話も出てた程の仲だった。……少なくとも周りから見れば、の話だが。

私子の両親は非常にΚを気に入っていて、また私子もΚの両親に気に入られてた。

結婚したら住まいはどうしようか、孫は何人欲しいだ、式場はココが良いと、周りから結婚を進められていた感じ。

私子を除く周りの全てが浮かれてたと思う。

Κも、私子の両親やΚの両親の前では凄く良い人だった。



私子さんと一緒になれたら幸せだ、それだけで自分は仕事を頑張れる。

私子さんも素直で従順だが、芯がしっかりとしていて、素敵な方だと思う。

結婚したい、自分がずっと守っていきたい。



こんな事ばかりを言って、実際は違った。





755: 恋人は名無しさん: 2008/06/19(木) 15:14:38 ID:NKHFeB9rO



二人きりで出掛けた時の車内では、人気の無い所でフ○ラやオナを要求し、拒否したら不機嫌になり無視をされる。

焼肉屋等に行けば、Κが満足するまで自分は食べる事を許されなかった。

そのくせ店員が来たら、私子のお皿に焼き上がりの肉を入れて、「熱いから火傷しないように気をつけて食べなよ。」と優しいんだよアピール。



私子もΚも、もちろん働いていたし、なのにご飯代やデート代、Κの欲しがる物など、私子が全て持っていた。

自分でもバカだなって思いながらも、『また怒らせたら何を言われるか解らない』と言う恐怖感みたいな感情ばかりが先走って、何も言えなかった。



 私子の休日は土日が基本で、Κは日曜と水曜休みが基本だった。

そこにも文句を言われた。

Κ「付き合っている男に休みを合わせないなんて、私子は単なるバカだ、ゴミクズみたいなもんだ。早く休みを変えろ。お前みたいなヤツが会社の人と一緒に働けるワケがない。」

私子「会社が決めている休みなんだから、無理だよ。」

Κ「なら有給使うなり休むなりしろ、お前は本当に単なるバカだな。それくらいの事も考えつかないのか?

無能め。」

思えば、周りから結婚を進められはじめた頃から、こんな感じだった。








756: 754(記入忘れてた): 2008/06/19(木) 15:17:06 ID:NKHFeB9rO



 そんなこんなで、早ければ年末に結婚でも……と話しが(勝手に)纏まりかけていた頃だった。

このままじゃ私子自身が駄目になってしまう、と思い立ち、自分の母親に訴えかけました。



私子「Κと別れたい、あの人は皆が思っている程に立派な人じゃない。もう顔を見るのも辛い。」

母「アンタの勘違いでしょ。アンタみたいな女、他に誰が嫁に貰ってやるって言うと思うの?」

当時、母はマリッジブルーだと思っていたようで。

私子「あの人の本○を見せてやりたい、Κは変わったんだと思う。」

こう言ってから、少し聞く耳を持ったんじゃないかな。



 その夜(多分20時くらいだった)、私子の父が帰ってきてから私子の家族だけで話し合いをしました。もちろん兄二人も参加。

『二人きりの時だけ、会社の休みを合わせろ、私子が食べ始めていいのはΚが食べ終わってから、食事代も何もかも全てが私子持ち。

Κが要求した事を飲まなければ不機嫌になったり、ドナられたり無視されたりする。』

 こういう人なんだよ、と伝えても家族は納得しないようだった。






758: 754: 2008/06/19(木) 15:19:26 ID:NKHFeB9rO



そりゃ納得しないのは当たり前だと思う。

だって他人には優しい顔しかしないから。

だから家族はΚに電話するようにって言ってきたんだよね。

正直もう電話すらしたくない気分だったけど、吐き気を我慢して携帯から電話したんだ。Κの声をみんなが聞けるように設定してから。

ここで凄く都合良い事が起きてくれたんだ。



Κ「なんだよ」

私子「もしもし、あのね、今なにしてる?」

 まず、想像もしなかったΚの電話対応に家族はア然。



Κ「お前に関係ないだろ?無能で低給な方は仕事もラクで羨ましいですね、将来は男に養って貰えば良いと考えているんだろうけど。」

私子「ごめんなさい、今仕事中だったの?」

Κ「会社の同僚が紹介してくれた子に会いに行く途中。写メ見せてもらったけど美人なんだよねー、お前みたいなブスと違ってさぁ。」

 父も母も兄二人も、みんな信じられないって感じの顔してた。

あたしもまさかΚが浮気みたいな事をこれからするだなんて考えが及ばなかったし、この時は悔しかったけど、今ならナイスタイミングって思う。



私子「なんでそんな事するの?私子と結婚するんじゃなかったの?」

 ↑これは悔しくて思わず出た言葉なんだけど、Κは期待通りの返事をくれました。

Κ「は?別に俺から結婚したいとか言ってないし。てゆーかさぁ、お前まさか俺のやる事に文句つける気?

結婚したら氏ねよ、そしたらお前の保険金で好きなだけ遊んでやるから。」

 Κはこう言うと鼻で笑って電話を切りました。

悔しくて悔しくて泣き始めた私子を兄貴が慰めてくれた。

今考えるとかなりの兄妹愛だけど。

それで、私子が結婚したくない理由を解って貰えたんだ。

このお陰で、結婚話は取りやめようという流れになりました。

それだけで充分だった。後は自分で別れを告げようと決めてたし。








759: 754: 2008/06/19(木) 15:20:53 ID:NKHFeB9rO



 それなのに翌日(祝日だった)、Κが実家まで来た。

理由は『結婚を控えているし、新居も探したい。その為に挨拶に来た』と。

父は今までΚにとっていた態度を急変させ、母は姿すら見せない。

兄二人はΚに質問をした。

『昨日の夜、何してた?』

Κ『昨日ですか?……同僚と残業したあとに飲みに行ってました^^』

 本当にそうなんじゃないか、と思うくらいにスラスラと言葉が出てきた。

兄はそれだけで黙ってしまい、私子は喋りたくもないので沈黙。

知られているとは知らないΚは、『ご都合が良くないようでしたら、また後日お伺いします……』とだけ言っていなくなった。



その晩は、Κから私子に対する悪口等のオンパレードメールや電話がきまくり。

一応証拠にもなるし、いざとなったらコレを突き付けて婚約解消してしまおう、となった。






761: 754: 2008/06/19(木) 15:22:54 ID:NKHFeB9rO



それから一ヶ月くらいだったと思うけど、私子家族とΚ家族との食事会が開かれた。食事会と言っても、私子実家でだけど。

Κ家族の構成は、両親、Κ、妹二人。(祖父祖母はイ也界。)

私子はΚ妹と仲良くて、メールも電話も遊んだりもしてた。





用意した食事を半分くらい平らげた頃、私子父がΚ両親に言った。



私子父『誠に勝手ですが、息子さんと私子の婚約を解消して頂きたい。』

Κ両親『え?』

 Κ家族がみんな固まったように思えた。

Κ『やだなぁ、お義父さん。』

 口は笑ってても、目が笑ってない。

顔は私子父に向いてるけど、視線は私子。

小説や漫画の表現だけだと思っていたけど、そんな表情をする人が実際居ると思わなかった。

 普段から無口な私子父が、この時ばかりは饒舌になってた。



たまたま聞いてしまった電話のこと、私子にきたメールの事、電話した時に録音していたテープがある事、なによりΚは私子を人間として扱っていないように感じる事。



全て告げた時はΚ両親は信じられないと言った顔をしていたけど、私子に届いた数々のメールや録音したものを聞かせたら、信じてくれたようだった。

そうして、婚約どころか別れるという流れにまでこぎつけた。






766: 754: 2008/06/19(木) 15:26:39 ID:NKHFeB9rO



こぎつけたのは良いんだけど。

本○を知られたのが悔しいのか、Κが暴れだした。(事前に食事会ではナ○フやフォーク等を使わないで済む食事にしてた。武器にされても困るし。)

まさか、お箸を武器にするなんて思わなかった。

解りやすく説明したら、くのいちみたいな感じの武器の持ち方。

それで尖った方をブンブン振り回されたから怖かった。幸い、お箸だったから私子も家族も、Κ家族も無傷だった。

振り回しながら何か叫んでいたけど、もう人間の言葉じゃなかった。

声も裏返っていたし、目が本気だった。



それを見たΚ家族がK察を呼んだみたいで、Κは事情聴取?みたいなので連れていかれた。





それからしばらく経ち、私子の携帯も私生活も仕事も安全で充実した生活を送ってました。



実家にΚが来るまでは。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>