まとめ連合



嫁は律儀に俺に男といつ会うと報告してくる。その報告をもとに、興信所に嫁監視依頼。がっつりと証拠を集めて…俺「財産全額もらう。あと間に慰謝料請求する」

378: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:28:42



俺も嫁に浮気されたなぁ。

でも、そんなにショックが無かったあたり、本当に愛してはいなかったのかもしれない。

俺によくしてくれたし、飯も美味く夜の生シ舌は最高によかった。


新婚特有のラブラブもだいぶ落ち着いて、平和な日々を過ごしてたんだけど、

嫁には刺激がたりなかったのか、同窓会で会った男とそういう関係になってしまった。


流れとしては、同窓会で意気投合→メールしあう仲に→深い相談する仲に→二人で会う仲に→深い仲に。する仲になるまでに、そうとう期間を要したようだけど、その間に嫁は間男にぞっこんに。




379: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:30:43



>>378

再構築?




380: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:31:01



>>378

その時の嫁の年齢は? 子蟻? 心が離れてては手の打ち様が無いもんなぁ。




381: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:37:05



この時点で嫁28。

子無し。



飯が手抜きになりつつあったのと、夜しようとしない嫁にピンときて、浮気だと確信。

俺バカだから、証拠も集めず嫁に問いただす。



飯の時、ふいに嫁に「今恋してるっしょ」とすげー優しく微笑みながら聞くと、 嫁は驚いて「えっ! 何、どうしたの突然…」とうろたえた。

「俺、お前を愛してるから、だから分かるんだ。分かってたんだ」

しばらく沈黙の後、嫁はうつむいて、ごめんなさい…と。

この時点で嫁とはもう終わりだなって思った俺。

「いいんだよ、俺はお前が幸せになってくれたら、それが俺にとって一番の幸せなんだから」

そういって常に微笑みながら「その人と一緒になりたいんだね」と聞くと、無言で頷く嫁。



「わかった、離婚しよう」

「いいんですか…?」

「寂しいけどね。しかたないよ、お前が幸せになるためだからね」

「ありがとう… あなたと今まで一緒に居れて、私も幸せでした…」

「でも、すぐってわけにもいかないから、もう少しだけ一緒に過ごしてくれないか? 一人で住むにはこの家は広すぎるし、俺は出ていくからそれまでは」

「わかりました」

「その間、お前も自由に恋愛していいからね。ただ、いつ会うとかは教えて欲しいんだ。はち合わせして気まずくならない様にするためにも」

「ありがとう、あなた……」



そんな感じで円満離婚に向けてスタート。




382: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:40:22



>>381 それで・・・・・




384: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/12/09 (火) 13:42:57



その間、嫁は律儀に俺に男といつ会うと報告してくる。

その報告をもとに、興信所に嫁監視依頼。

がっつりと証拠をあつめる。



家の名義は嫁に変え、ローンの支払から解放された俺。

仕事をしていない嫁に返せるわけもなく、とりあえずローン引き落とし口座に100万ほど入れておく。

半年は支払が滞る事もないだろう。その頃になれば間男と二人で返済していけるだろうしね。


財産分与についてだが悲壮感を漂わせながら「この家をそのまま渡すから、俺とお前、二人の将来の為に貯蓄した分(1800万)については俺に譲ってくれないか? お前には間男が居るが、俺にはもう何も無いから…」という、実質財産分与を放棄してくれっていう申し出に嫁、快諾。

100万だけ入った通帳(ローン引き落とし口座)を、お祝い金と称し嫁に渡して、

職場に近い1Rマンションを借り、俺はそこへ。そして離婚届提出。俺と嫁は赤の他人に。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>