まとめ連合



調査員「ファイルの件ですね?また来て頂けると思っていました。」一度処分してほしいとお願いした嫁の不貞の証拠が再び必要となる事態に陥ってしまい・・・

660: 名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火)22:24:22 ID:???
あの忌まわしい出来事が、この季節が来ると思い出します。

私は専門学校へ通っていた時、夏美という女性知り合いました。
会った瞬間、運命的なものを感じ、
猛アプローチを掛け、彼女も笑顔で付き合うことを承諾しました。
お互い就職して3年の社会人を経験し、結婚をしました。
夏美と話し合い、暫くはお互いに仕事を続け、マイホーム資金を貯め、
家族を作り、幸せな家庭を築く。。
そんな人生プランを立て、目標に向かってお互い励まし助け合い、

仕事に勤しむ毎日を送っていました。


そんなある日、私は業務で、隣町の営業所に社有車で出かけた時のことです。
思ったより早く業務を終えたので、気分転換も兼ね、
遠回りの山沿いの道を選び、帰途につきました。

その道は雑誌でも紹介されており、
新緑の回廊をちょっとしたドライブ気分で気持ち良く車を走らせていました。
路肩に工事予告の標識が置かれており、
交通警備員が赤い旗を振っているのに気付き、車を減速させ、停車しました。
路肩の雑草を伐採しているようで、片側規制されており、対向車が数台走って来ました。

すると、私の車と同じ車種、同じ色の車が通り過ぎ、
思わずドアミラーに目をやり、過ぎ去っていく様子を確認しました。
車の後部に、私が付けたオプションのパーツと同じものがついていて、
ナンバーは鏡なので逆に映り、確認までは出来ませんでしたが、
同じナンバーだったように思えました。


661: 660 2015/05/05(火)22:25:02 ID:???
私は思わず車を転回させ、後を追いました。しかし、運悪く、
伐採した小枝や雑草を満載した工事用のトラックの後ろに付いてしまい、引き離され、
あの車のナンバーと、誰が乗っているのか、何人乗っているのか分かりませんでした。
遠巻きに途中の分岐を左に曲がって行くのを確認し、後を追いましたが
いくら車を走らせても、あの車を見つけることは出来ず、見失いました。
ただ、分岐路から少し走ったところにホテルがあり、
状況的に、そこに入った可能性が高いのは分かりました。

私は、あの車がホテルから出て来るのを待って、確認をしたかったのですが、
さすがにそこまでの時間は無く、もやもやした気持ちで帰途につきました。

業務を終え、アパートへ帰ると、いつもと変わらず夏美が先に帰っており、部屋には電気が点き、
いつもと変わらず私の車が止まっており、私が買って付けたオプションのパーツを暫く眺めた後、
部屋へと帰ると、いつもと変わらず夏美は夕食の準備をしていました。
いつもの日常風景。何か、私だけが別の世界で居たような錯覚を感じました。
いつもと何ら変わることの無い夏美と話しているうちに、同じ車種で同じパーツ、
似たようなナンバーの車はいくらでも走っている。
あの時見た車は違う。そう思うようになりました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>