まとめ連合



俺、彼女、彼女の2号君の3人で付き合うという奇妙な生活が3ヶ月も続いた結果→

509: 恋人は名無しさん: 2006/09/12 (火) 15:51:12



修羅場というか、みんなからしたら笑い話なのかもしれないけど

個人的に変わった修羅場なので投下させてもらってもいい?








512: 509: 2006/09/12 (火) 15:58:15



今まで恋愛やら修羅場やら結構あったんだけど

思い出すと一つ変わった修羅場があったので書いてみる。

面白くなかったらすまない。



当時俺は20代前半。

前の彼女と別れて少しへこんだ日が続いていました。

それでもバイトしながら、それなりに楽しい生活を送ってました。


そんな時に近所にあるカメラ屋のおっさんと親しくなりました。

バイクでどっかに出かけるたびに写真撮って帰って来たんで、現像を頻繁に出してて。

そのカメラ屋のおっさんの知り合いの人がパーティを開くので一緒に行かないか

と誘われ、暇だった俺は参加させてもらいました。


12月のクリスマスパーティという名目で行われたパーティでした。

流石におっさんの友達であるロンゲのおっさんが開いたパーティだけあって

若い子はそんなにいませんでした。


だけどロンゲのおっさんの嫁さんが、大学の講師をしていたので

4人ほど若い子が。

若いっていっても当時の俺と同じ歳だったので20代前半ですが。

周りに同年代が居ないせいか、相席になり一緒にダンスしたりゲームしたりしました。



暫くしてからその中の一人、S子と付き合うことになりました。

その子は関西の方からこっちに来ていて一人暮らしでした。

俺はバイトが家の近くだったこともあり、彼女の家に遊びには行きましたが

同棲とかはしませんでした。





513: 509: 2006/09/12 (火) 16:04:01



そこから三ヶ月、順調に付き合っていました。

彼女は元気で明るく、やたらテンションが高い子でした。

カラオケ大好きで会えば必ずラチられ連れて行かれました。



ある日、バイトで少し遠くに行ったあと、お土産を置きに彼女の家に遊びに行きました。

行く前に連絡を入れて、今から行く事を伝えると凄く喜んでくれました。

…が、家についてインターホンを押しても一向に返事がありません。

どうしたもんかと思っていると、アパートの入り口の駐車場から彼女の声が聞こえてきました。

「どっか行ってたのか?」と思い、そっちに向かってみると、どこかで見たような男がいました。

まあ友達だろう、と思って「おーい、土産ぇぇぇぇ!」とテンション高く挨拶。

しかし顔を伏せて「あちゃ~」とうなだれる彼女。



なんじゃらほい?と思いつつも近づくと、隣にいた男が俺に向かって一言。

「彼氏?」

俺「うん、ちょっとお土産を置きに」

といらんことまで喋る俺。

男「そっかー、彼氏いるんじゃしょうがないね~」

この状況がさっぱりわからない俺は男に向かって「友達?」っと聞いてみました。

男「あ、ごめん、自己紹介してなかったね。彼氏さん。彼氏2号です」

笑顔で答える2号君。


あまりの拍子抜けに何を思ったのか「あ、はじめまして」とつられる俺。

でもよく考えると笑顔で会話する内容じゃないことに気付く。

黙っていた彼女に「説明してくれる?」と言うと

「外じゃあれだから家に入ろう?」

という流れで三人で家の中に。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>