まとめ連合



嫁がテニス教室に通い始めてから浮気していた。 →俺「いくら貢いだ?」嫁「300万」俺「よしわかった」→大学生の間男に1500万の内容証明を送った。


182: 名無し@話し合い中 2006/09/13(水) 13:50:05
本日離婚が成立致しました。 
これを記念?して、少し吐露させて下さい。 
チラ裏スレに書き込もうかとも思ったのでが、 
原因が妻の浮気だったので、こちらにさせて貰いました。 
長文になりウザクなりますが、気が向いたら読んでください。 

家族状況 
自分;36歳 メーカーの研究職 
元妻;31歳 看護婦(夜勤有) 
子供;小学5年の1人娘 

離婚の経緯 
事件の遠因(2年前) 
 元妻が、テニス教室に通い始める. 
 なお、このころの夫婦生活は月2〜4回ペース. 
浮気開始時期か(1年半前) 
 このころから夜の夫婦生活を一方的(疲れた等多様な理由)に拒否られる. 
 その後、拒否られるのが虚しくなり、自然とレスになる. 

183: 182 2006/09/13(水) 13:51:12
発覚(今年の6月)
 1年半位前から、元妻が急に冷めた態度になり、家事は疎かになり、
親子三人でどこかに出かける事も今思えばなくなってました。
 しかし、当時は、仕事で疲れているんだろうなぁって感じでおりました。
 このような間抜けな私でも、あきらかにおかしいと思うきっかけとなる事が起きました。
 自分の母が白血病で倒れたのです。
 
 自分の実家は、直線距離で100Km位(高速で1時間半位かかる)
離れており、母が入院した病院は、直線距離で50Km位(高速で40分位)の所でした。
 そして、母の入院後、主治医の先生に余命3ヶ月の宣告をされた父が
精神的にまいってしまい。週末は孫(娘)を連れて実家にお泊まりで帰り、
平日も週2程度の頻度で、帰宅後娘と二人でお見舞いに行く
(18時から20時くらいの間)という生活が始まりました。
 
 この生活がはじまり、1月程して元妻の異変に気が付きました。
 元妻は、母のお見舞いは、倒れた際に1度行っただけ、
更に、元妻も土日が休みでも、週末実家に帰るのに同行を拒みました。


184: 182 2006/09/13(水) 13:52:21
 当初は、元妻が看護婦なので、勤務がバラバラで、休みもバラバラな
ので、看護婦としては年に数回しかない貴重な土日連休に実家に帰りた
くはないのかなと思いましたが、特に疑問に思いませんでした。
 ただ、少し冷たいと感じた程度です。
 完全にあやしいと思ったのが、1月以上経過しても元妻の両親に、
母の話をしておらず、いまだ1度も母のお見舞いに来ていないことが判明した時です。
 
私には姉が二人居ますが、姉の旦那さんと旦那さんのご両親は、母が入院
した週末に姉、孫、旦那さん、旦那さんのご両親そろってお見舞いに来て下さっていました。
 しかし、元妻の両親は2週間経ってもお見舞いには来られていませんでした。
 元妻の勤務シフトから、直ぐにはお見舞いに行けないのかなと思いつつ、
変だなぁと思っているうちに1月以上が経ち、どうなっているのか判らず、
私が元妻の両親に電話で確認すると、一切聞いていないとのこと、元妻の御両
親は、私が電話した翌日に速攻でお見舞いに行ってくださいました。
 このことを妻に聞くと、忘れてたのこと。
 余命3ヶ月を宣告され、延命治療ではなく、緩和ケアをしつつ天命を満了す
ることになるという母の病気を自分の両親に言うのを忘れるという言い訳に、
さすがに私もありえないと感じました。


185: 182 2006/09/13(水) 13:53:34
 そして気が付きました。私と娘が母のお見舞いや、実家に帰っている間の家
事をまったくしていない事、お風呂に入る際にも、脱衣所に携帯を持って入り、
脱衣所に鍵をかける事、今まで以上に私に対し冷酷な態度を取ること。
 そして、娘に対し、よく怒鳴りちらし、鬱陶しそうな態度に出ること。
 その頃、娘もママ嫌いと言うようになってました。
 
 そこで、まず、元妻の携帯を確認することにしました。
 深夜2時に元妻の携帯をこっそり元妻の部屋
(1年以上前から私のいびきがうるさいという理由で寝室を別にしてました)から持ち出し、
内容を確認・・・しかし、ロックをかけていました。
 
 2ちゃん等でロック解除方法を勉強&研究している際、チャンスが訪れました、
元妻が庭に水まきをしている時、携帯が玄関の靴棚に置かれているのを発見、
なんとロックが解除されていたので、時間的余裕がないので、
とりあえず、中を確認せず、自分の会社のメアドへメールを自動転送設定だけすることにし、
成功しました。
 
 そして、転送されてくるメールの内容から、浮気の事実確認しました。
 相手はテニス教室の大学生アルバイトインストラクターでした。
 テニス教室のHPより、相手の顔&名前を確認する。
 浮気相手は自分の出身大学だったので、今年自分の会社に入社した新入生に、
それとなく、来年の人材確保の為という理由で、その新入生に、その浮気相手
ってどんな感じの人間かを聞き出しました。
 あまりよく知らないとのことでしたが、同じゼミとのことで、
その新入生さんの持っていたゼミ名簿で実家情報などをゲットできました。


186: 182 2006/09/13(水) 13:55:16
 自分の中で浮気事実と、今後の事を数日考えましたが、母が倒れ、父も精神不
安定となり、私がかなり大変な時に、支えてくれるのではなく、これ幸いと今まで
以上に羽目を外して浮気をしていた事と、子供に対し冷たい態度、あきらかにウザイ
という態度見え見えで接していることを重視し、離婚を決意しました。
 そして、今後どうするのかを考えました。目標は、娘の親権を必ず取ること。
 その他は諦めても良いと決めました。
 そして、その事を長姉に相談しました。
 その結果、父と母には内緒にすること、というか言えないです。
 メールだけではなく、事実として確認することとなり、
姉の旦那さんが協力してくれることなりました。
 
 その週末、計画を実行です。元妻に、予め伝えていた通り、娘と一緒に母のお
見舞いに行った後、実家に泊まって日曜の21時頃に帰って来ると言い、家をでる。
 娘は、長姉の家に預けに行く。
 その間、元妻は、姉の旦那さんが尾行してくれることになる。
(元妻の車にはセコムを取り付け済み)
 案の定、元妻は、浮気相手の大学生とデート、その日は、遊園地→居酒屋→ラブ
ホテルという行動でした。遊園地で長姉旦那さんと合流したが、車や顔でばれると
マズイので、一旦自分は引き上げ、長姉旦那さんと長姉義父のコンビで尾行続行してもらいました。


187: 名無し@話し合い中 2006/09/13(水) 13:57:42
つ④


189: 182 2006/09/13(水) 14:00:56
>>187 支援ありがとうです。

 翌日、長姉旦那さんの自慢の望遠レンズカメラ
(長姉旦那さんの趣味はバードウオッチングだそうです。)で撮った、
証拠写真を見せて貰い事実だということが確定しました。
 長姉の義父さんまで巻き込んでしまって、情けなくなりつつ、
職場の研究所に配属されている法務部の同期の友人に相談することにしました。
 
 友人は直ぐに長姉の家に来てくれて相談に乗ってくれました。
 しかし、友人は法務部に所属してますが、私と同じく理系大学出身で、
知的財産権が専門とのことなので、離婚などの問題についてはどうしたら良いか正直わから
ないとのことで、同じ法務部でも、司法書士資格を持っている正真正銘法学
部卒の先輩にお願いしてくれました。そしてその方のお宅へ相談に行きました。
 その方の言われることでは、娘さんの親権を取るのは非常に困難であると
のことで、結局会社の顧問弁護士さんを通じて
離婚問題に詳しい弁護士さんを紹介してもらうことになりました。
 
 結局、日曜日は日頃と同じように帰宅し、翌月曜日に有給を取って紹介し
て頂いた弁護士さんに相談に行きました。
 弁護士さんと相談した結果、娘の親権を取るためにも、また、離婚を優位
に進めるためにも、このまま何事もなく過ごし、しばらく元妻を泳がせておき、
しばらく証拠を集めることにしました。


190: 名無し@話し合い中 2006/09/13(水) 14:01:02
なかなかの鬼畜嫁だな


191: 182 2006/09/13(水) 14:03:05
 証拠集めのうち、不貞事実の証拠集めは、弁護士さんから紹介してもらった興信所
にお願いしました。期間は4週間、のべ10日の調査でしたが、あまりの事実に、
私に同情してくださり、費用はかなりお安くしてくれました。
 その結果、私と娘が母のお見舞いに行っている時、実家に帰っているとき、
ほぼ100%浮気していることが発覚。
 そして、なんと1年半前から、夜勤をしていない事実も判明しました。
 また、私の母を理由に、私がお見舞いに行く日に、有給を取って浮気している事も判明しました。
 その他、銀行口座などもろもろ調査した結果、
約300万の使い込みの事実も把握しました。
 
 元妻を泳がすこと1ヶ月、ついに弁護士さんがgoサインを出ました。
 いよいよ決戦です。


195: 名無し@話し合い中 2006/09/13(水) 14:12:34
300万も貢いでたか
結末に期待


197: 名無し@話し合い中 2006/09/13(水) 14:15:23
ムナクソ悪くなってきた。
頑張れ!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>