まとめ連合



トメ&コトメ親子からのイビリに我慢の限界!→ある日、ついに…私「いい加減にしろ!寝ぼけんなボケカス!ビジホ泊まるわ!」実は…

799: 1/5 2008/08/11(月) 15:43:59
敷地内別居で、クソトメ(ウトは鬼籍)、 
近所に住み、毎日やってくるクソコトメ、クローンのクソコトメ子14歳。 
とにかくまあ嫁いびりを生業としてるようなバカな人たち。 
なんとクソコトメ子も親にならって調子に乗り、 
小学校低学年には既に完全にこっちを見下し、ボウリョクまで振るってくる。 

ボールや丸めたティッシュをぶつける、汚した所を 
「やっといて」と私に片付けさせる、小突く、蹴る、 
「○○買ってきて」「ジュース!」という、などなど親と祖母の真似をし始めた。 
もちろんクソトメコトメはニヤニヤしながら見ていて、 
「将来有望ねーwww」と褒め?コトメ子はまた調子にのりだす。 

一番最初はコトメ子がまだ5〜6才位の時だった。


台所に立つ新婚の私に笑いをこらえながら体当たりしてきて
「バカババーやっつけてやるーー!」
それをトメとコトメ子が拍手喝采しながら大爆笑。
コトメ子に「ほらほら行け行け!」とせかされて
「なっまいきな女めーー!シねぇぇ!!」拍手喝采、コトメ子ご満悦な感じ。
「こいつら狂ってる」って思った。

最初は子供のする事だし、と我慢してたが、もういい加減大人な訳で。
夫には愚痴ってはいた物の、夫が怒ればまたトメコトメからこっちが絞られる。
エネmeだったし、家がある、という変な固定観念に縛られ
「変にこじれたら困る」と出来るだけスルー。
夫にももうあまり言わなくなってた。

夫は何か察してくれて引っ越しの話もしてきたけど
実家が古い持ち家で、引っ越しって簡単にできるものだとあまり思っていなかったため
「でもこの家はどうなるの?」
って言って断ってたバカバカバカバカバカ!


800: 2/5 2008/08/11(月) 15:46:07
ある日、また押し掛けてきたコトメ親子。
その日は義実家の方に居たんだけど、来た途端「ジュース!」
「嫁子早く出してあげて」「私アイスコーヒーね〜」

むかっと来たので
「もう帰る所なんで」と言って帰ろうとしたら
コトメ「ちょーっと何今の態度!」
トメ「まーービックリだわ!偉くなったもんだね!」
コトメ子「さいってーー」
トメ「ねぇー!」
コトメ子「おばちゃんって本当に恩知らずの礼儀知らずなんだねー」
コトメ「あーこの暑い中来たってのに!お母さんあんまり甘やかさない方がいいよー?」
トメ「ホントそうね、まったく嫁の癖に!」
そこでまた切れて戻って行って
「てめーらだって嫁じゃねーか。ねぼけんなボケカス!!」
3人とも目をぱちくりしてた。

「コトメ、お前さ人には実家に帰るなだの、もう親は他人だの散々言ってくれたけどさ、
お前は何なの?wバカなの?
毎日毎日実家に入り浸って、グーダラグーダラ飯食って酒飲んで
人が作った物持って帰ってチンして旦那に出すだけでしょ?
主婦様が聞いてあきれるわwwwお前家の掃除したの何年前?ww
あんなきったない家によく平気で生活できるねwww頭おかしいわwwww
旦那はお前のやってる事知ってんの?
逐一報告してやろうか?ww
お前の食ってるのは実家からの物、お前の稼ぎはお前の嫁が食いつぶしてるってw

何十万のエステだ、通販だってやってるけどさ、
全く効果ないねwwwwww
そりゃそれだけゴロタラして酒飲んで飯かっくらって痩せるわけねーーーwww





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>