まとめ連合



風邪を引いた嫁と娘を俺実家に預けると、嫁が激怒。嫁「あんたの親はおかしい!」俺「なんだと!」バチーン!→7年後…


76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 12:30:45.21
スレ違いであれば恐縮です。
妻との離婚を考えているのですが、皆さんの意見を聞かせてください。

自分31歳、妻35歳、娘7歳、息子5歳です。

きっかけは7年前。0歳の娘と妻が同時に発熱をしました。
当時はいわゆるブラック企業に勤めていましたので、私はサポートが出来ません。
入社したばかりということもあり、早退すら申し出ることが難しい状況にありました。

妻の母も遠方に住んでおり、すぐには来れない状況。
仕方が無く木曜の夜に妻と娘を私の実家に預けました。

私は水曜日が休みなので、翌週の水曜日に迎えに行ったのです。
実家に身を預けている間に既に妻から何度も【迎えに来て】という連絡がありましたが、
睡眠時間をゼロすれば迎えにいくことも出来たはずなのですが、
【もう少しだけ我慢して】と言い、迎えに行くことはしませんでした。



77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 12:37:31.00
迎えに行くと、私の顔を見るなり号泣し、
私の母や祖母に何の挨拶もすることなく車に乗ってしまいました。
聞けば、私の母や祖母の配慮が足りなったそうです。
私の家はガサツな家ですから、想像はつくものの当時の私は、
それを嫁のワガママのせいにしてしまいました。

初産で不安定な嫁を、いきなり違う環境に連れて行ったことは
今でも痛烈なミスだったと後悔する毎日です。


78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 12:47:43.93
嫁カワイソス


79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 13:00:23.32
女は出産のときのことは一生忘れないって聞くね。
きっときちんと女房の言うこと聞いて謝ったりは
してないんだろうなぁ。
それくらい言わなくてもわかるのが家族だとか何とか言って・・・


80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 13:01:05.93
痛烈なミスだったと後悔して、どんな態度で結婚生活送ってきたの?
それがわからないとなんとも言えない。

嫁の方もどんな態度で?

でもその後二人目の子供も作ったんだよね?


82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 13:33:42.15
>>77
で、お前はその「痛烈なミス」を
頑張ってリカバーする様を、嫁に示したのか?
心の中で「ミスだった」と思うだけで、何もしなかったんじゃなかろうか?
だとすれば、それはミスと認識してるうちに入らんぞ?


83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 14:30:51.95
ミスなのかね?自分だって睡眠ギリギリの状態だったし
発熱ってどのくらい出たか知らないけどあとは病院行って点滴してもらうくらいしか
ないんじゃないの?ぶっちゃけそういう状態で夫は海外赴任なんて人だって
いるんだし夫だけそんなに悪いかね。しかもその後子作りするわ、7年も経ってるわで
その事件が原因ではないだろうね。普段の生活の積み重ね?


84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 14:43:04.47
本人が痛烈とまで言ってるからにはミスなんだろ。
まさかそんなのミスじゃないよと言って欲しくて
過剰にミスを強調してみたとかいうガキみたいな所業をやってるなんてことはあるまいよ。
故に、本当に反省するしかない、自分にひたすら非があるだけのことなんだろう。


85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 15:15:01.29
まぁまぁ全貌がわかるまで待とうよ


87: 76 2013/09/21(土) 21:26:33.21
レス有難うございます。妻と話し合いをしておりました。続きます。

その事件の後から、嫁の私の実家に対する態度は悪化しました。
実家や親戚からの贈り物を処分したり、贈り物がきたことすら私には言わない始末。
雛人形やベビー服など。親戚からの電話で、贈り物について初めて知ることもありました。
(1,2年で、贈り物が来ることは全くなくなりました。)

実家がらみのイベントがある盆暮正月以外は仲の良い(?)夫婦ですから、
二人目の子供にも恵まれました。これは妻の希望に私が応えた次第です。

私は23歳から27歳までの間、ブラック企業に勤めておりましたから、
親族との付き合いも年に1回か2回程度。年賀状も送らず、年始の顔合わせで済ませる程度。
ただし、事件の後から実家も私達を避けるようになり、孫の顔を見に来たのは7年で2回ほどです。
(実家は車で2時間程度で来れる距離にも関わらず。)
妻も育児に忙しかったことと、自分の両親の住みこみサポートもあって、
いきいきしていたように思います。私と過ごす時間の少なさにも文句はありませんでした。


88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21(土) 21:28:20.38
私は27歳で同業職での転職をし、28歳で独立をしました。
少し時間に融通が利くようになり、金銭的にも余裕が出てきて、核家族として充実していました。
しかしながら、相変わらず盆暮正月には実家がらみの激しい喧嘩が繰り返されます。
それと、このころから妻の私への要求が多くなっていったと思います。
(私も自堕落になっていった部分がありますので、その反動であることは想像できます。)

28歳の時に、現在の関係を見かねた父が、弟と相談をして旅行を企画してくれました。
父としては【付かず離れずでいい。親族なんだから仲良くしよう】との気持からです。
しかし、その旅行中に母が妻の挨拶を無視するなどの行為があり、
妻も父に感謝の言葉を述べることもなく(私に諭されて最後は仕方がなく述べましたが。)
帰りの車中では、延々と【しょぼい旅館だったね。疲れただけだった。】などと文句ばかり。

29歳の時に息子がインフルエンザ脳症を発症し、妻が病院で付き添うことになりました。
見舞にきた両親に私と妻は【娘の面倒をサポートしてほしい】旨を伝えたところ、
母は【無理。絶対に無理。】と言い放ちました。
これには私も父もムッとしたのですが、その後、妻が余りに母を口汚く罵るので、
手を上げてしまいました。これも今となっては後悔しています。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>