まとめ連合



周りもうらやむ(むしろ引く?)くらいラフ”ラフ”だったA男とB子に修羅場に巻き込まれた…

501: 恋人は名無しさん 2010/03/28 02:17:44 ID:nMx4PIOq0





巻き込まれ修羅場だけど…



A男…押しに弱い。乙メン?

B子…A男の彼女。我が強い。

C子…A男の後輩。美人。

私子…A男・B子と友達。



みんな同じ大学の学生です。

周りもうらやむ(むしろ引く?)くらいラフ”ラフ”だったA男とB子。

B子は実家住まいなんだけど、その実家がいろいろ揉めてて、バイト掛け持ち、学費も自分で出すくらい苦労してた。

A男はやや乙メンというか、恋に恋するところあり。一人暮らし、実家は裕福でバイト経験なし。



実家が大学から遠いB子は、A男の家に泊まることもしばしばで、半同棲状態。

朝から手繋いで登校してきたり、キ.ス.マークついてたり、

引くことも多々あったけど、おしどりカポーなんて言われてた。

B子が我が強い仕切り屋さん(姉御)タイプで、A男は「そんなワガママも聞いてやれる俺」に満足してる様子。

私はA男・B子両方と友達だったので、相談にのったり、のろけ話きかされたりしてた。



そんなある冬の日、夜中のメール。

B子「A男、知らないよね?」

私子「? 知らないよ。どうかした?」

B子「見てない、よね?実は一昨日から(マンションに)帰ってこない」


502: 501 2010/03/28(日) 02:19:26 ID:nMx4PIOq0



一昨日は、12月24日。

バイト終わってA男のマンションに行ったB子。A男は留守。

サークルでも行ってるのかと料理とケーキ準備してたら、A男から「後輩の相談に乗ってる、遅くなる」と連絡があったらしい。

それっきり、日付変わっても帰ってこない。連絡もつかない。

B子はイライラしてA男に追撃メールして、そのうち心配になってきて。



A男にメールしても音沙汰無しで26日になって(まだ夜中)、私にメールしてきたらしい。

その直後、またB子からメール。

B子「ごめん、A男の居場所わかった。C子のとこにいるって。C子の家知ってる?」

私子「大丈夫? ごめん、C子の家は知らない」

…本当は知ってたけど、キレたB子が何するか分からなくて怖かったんだ。

その後のことはB子やC子から聞いた話。



26日朝、A男帰宅。

問い詰めるB子。

A男「別れてほしい」

B子「C子と付き合う気?」

A男「…あの子にはいま、支えが必要なんだ。俺が守ってやらないと」

B子「騙されてるんじゃないの?!私はどうなるの?」

A男「ひどい事言うな。自分のことばっかりだなお前」

B子「…!!(゜д゜#)」



さすが乙メンA男というか、もうなんか「俺がC子のヒーローだ、王子さまだ」状態。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>