まとめ連合



鬱・痴呆症・摂食障碍のトメを自宅介護するも、気持ち悪過ぎて限界に!次第に息子も帰るのを拒否…息子を連れ実家に帰省。するとエネ夫が…

728: 名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日)08:26:56 ID:C3xkCOug1
>>547です。
先週夫が来ました。
話し合いをしましたが私たちに帰ってきてほしいというだけで、
なんら改善策を示すこともなく、逆に私を責める始末。

・義母の状態は実際病気なのかもしれないが、そうではないかもしれない。
・少なくとも訪問診療の医師は義母に痴呆はないと言っている。
・痴呆があると言っているのは心療内科の医師のみ。
・老人性鬱はあると思う。
・摂食障害は私や子供が居合わせるとひどくなり、
体重に変化が見られないことからどこかで食べていると思う。
・通常は声が出ないと言っているのに、人前で私を批判する時は非常に大きな声で話すこと。
・動くことが困難だと言っているのに電車で2時間の道のりを電車等を使って来る。

以上のことから私は同居は難しく介護施設等への入院を勧める。
もし現状のままで私たちに変えることを望んでいるのなら
帰るつもりはなく離婚をしたいと伝えました。

夫の言い分は、
・私のことを義母は信頼しているので異常行動に出て私の忍耐力を試しているだけ。
・老い先短いので、その辺は大目に見て戻ってきてほしい。
・離婚はしない。
以上でした。

はなしをしていると夫も義母の詐病を疑っているようでしたが、
現状を変えることは困難と考えているようでした。
施設に入ってもらうことが一番だと思いますが、夫はそれはしたくないようなので、
このまま別居を続けて離婚に向けて動くことが現実的だと思います。

子供たちは義母と同居ならもう私の実家から学校に通うと言っていますので、
私が夫のもとに帰る意味はないと判断しました。
子供たちにもこのままだと、離婚という選択肢しかないと思うと話しましたが、
逆に「お父さんは私たちよりおばあちゃんの方が大事みたいだし、自分たちと一緒にいると
おばあちゃんがもっとおかしくなるからその方がいい。
(義母の異常行動をさしています。)」と言われました。
今後は離婚に向けて動くことになろうかと思いますが、
とりあえずこれで終わりにしようと思います。

729: 名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日)08:49:18 ID:unFu0lKp6
旦那さん、自分の親にも妻や子供にも
向き合うことは出来ない人でしたか。
残念でしょうが、離婚やむなしですよね。
片付いて落ち着いたら
その後スレでご報告いただければと思います。


733: 名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日)15:59:27 ID:ZxN1RLSbm
>>728
気になってたよ、報告してくれてありがとう
聡明な子供さんたちだねえ
時間がかかりそうだから早く片付くといいのだけど
すっきりしたらまた来てね、諸々頑張って下さい


734: 名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日)15:59:34 ID:fyXeJGRrf
>>728
お疲れ様です。お子さんや728がブレてないので安心したわ。
いい方向で落ち着きますように。



861: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)09:00:59 ID:yJV
その神経がわからんの3で547を名のっていたものです。

夫の母親の介護が原因で実家に帰ってきたと当時書いたのですが、
その後私たち親子から相手にされていないことにようやく気付いた義母が、
今度は夫の職場に連日凸するようになりまして、
ようやく義母のメンタルの異常さに気づいた夫が、
去年の年末にようやく義母を施設にお願いしました。

その後、復縁というか、もう1度家のほうに戻ってきてほしいとのことでしたが、
私たちが困っているときには何もしてくれずに自分で義母の相手をすることになってから
施設に入れたという事と、別居中に義母の介護という役割を私たちがきちんと果たさないなら
生活費はやらん。学費も出さない。と言われ、この1年近く私の実家で生活費と私のパートで、
賄ってきたこともあり、子供たちからも拒否。
結局、約1年分の生活費の返還と子供たちの養育費と慰謝料、財産分与で離婚しました。

夫の職場でも、私たちの住んでいた家や私の実家でやらかしてくれたのと同じように、
「〇〇(夫の名前)お願い〜、許して〜、帰ってきて〜」と毎日のようにやらかしたみたいで
職場でも肩身が狭いようです。
私も今後自分の両親が年を取ってくるので、夫の問題も他人ごとではありませんが、
現在、パートとはいえフルタイムで、福利厚生も正社員扱いで雇ってもらえているので、
家族のために頑張って働いていこうと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>