まとめ連合



兄の友達(智弘)「私ちゃん、今度の週末、面白いもの見せてあげるからついておいで」私「うん(なんだろう!)」→そして週末…私(これが東京かぁw)なんと!!

388: 恋人は名無しさん 02/07/17 23:15



約10年前の話しです。



私の兄は、某私立美大に通っていました。

地方出身で、たまたま兄の友達(智弘)もその大学に通っていたので

2人でアパートを借りていました。



私は、高校を卒業した春休みに、兄の所に遊びに行きました。



兄は、バイトで忙しく、その上彼女がいたので、

あまりかまってくれませんでした。私は、高校を卒業したばっかりで、

初めて自由に遊べたので、1人で、東京歩き?(ワラ)を結構楽しんでいまた。



ある時、1人で兄のアパートに戻ると、見た事の無い女の人(秋子)

(20代前半、きれい!)が立っていました。


私が部屋に入ろうとすると、突然

「彼にタヒねって言っといて」と、叫びました。



391: 386=388 02/07/17 23:21



私は、それが兄に向けられた言葉だと思い、

恐々、「私は、妹ですが何か?」と、いいました。



すると、彼女は、半泣きしながら私に話し始めました。

秋子は、智弘の彼女でした。お嬢様系短大を卒業したばっかりで、

「春休みに、スキーに行く約束だったのに、智弘に突然振られた、

電話にも出てくれない」みたいな事を言っていました。



私は、当時は恋愛未経験、兄の事では無かったし、しかも東京ってことで、

結構野次馬的に、面白がって聞いていました。



私は、とりあえず、智弘が帰って来たら、電話するように伝えます、と

だけ言ってアパートに入りました。



実は、その時、智弘は、アパートの中にいて、

私たちの会話を聞いていました。しかも、別の女の人(夏子)も一緒にいました。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>