まとめ連合



【お仕置き】不貞した汚嫁。朝が覚めた嫁「え?どこ?ここ…(キョトン)」俺「これから1人でここで生活するんだよ^^」嫁は泣き叫びましたが、私は心を鬼にして部屋を出ました…

278: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/15 (月) 15:40:27.71



さて、嫁ですが、不貞期間は合計1年ほどでした。
私が気が付いた時点で既に5カ月ほど経過していたようです。


私は妻を愛しておりましたが、それはそれ、これはこれと罰を受けてもらう事を泣きながら考えました。

まず、ある地方の1DKリゾートマンションを購入いたしました。

交渉の結果、大変お安くして頂き、込々でも60万でした。


また、管理人・不動産屋への説明に、妻が精神を患っており、療養の為に滞在したい。

したがって、外出したりも無いし、他の方へのご迷惑は掛からないように部屋をある程度改築したいと

申し出ました。



ですので、上下左右に住民の方が居ない部屋を希望させて頂きましたが、

両者とも快く快諾くださり、契約の運びとなりました。

ただし、退去時には修繕費用が別途掛かるとの契約が痛かったですが。


また、もう一つの備品として足環を用意致しました。

この足環と天井裏の梁とをワイヤーで結び、部屋の移動は出来るように、

しかし、部屋から外へは出れないようにしました。


天井に穴が開き、不恰好になりましたがしょうがないと観念致しました。

ちなみに、繋ぎは外れないように溶接してあります。

窓も表と裏、両方に割れないようにフィルムを二重に貼り、窓も開かないように鍵を増設致しました。

ドアも中から開けられないように外側にも南京錠を溶接してかけました。



簡単に申し上げますと、窓もドアも開かない、外に出れない個室を作成いたしました。

ワイヤーの可動範囲は6畳の部屋、トイレ、風呂、キッチンは移動できますから、

基本的な生活には問題はございません。

刃物類やドライバーなども、安全の為に特殊な物を用意致しました。


反省の為の部屋ですから、テレビやラジオ、書籍、パソコンなどは有りません。

洋服なども新たに揃え直しました。足環があるため、普通の服やズボンは履けませんので。

家電も最低限必要な物は用意致しましたし、これで妻を迎え入れる準備は整いました。

お蔭さまで私のおこずかいは枯渇しかけましたが。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>