まとめ連合



“私の収入は19万で、夫の収入は40万以上なのに家計は折半。私個人の貯金は出来ないのに、夫は個人財産増やし続けてる。納得できず申し出ると夫「離婚しかない」私「は?」 “

339: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)19:59:22 ID:j0L
>>335
厳しいかもしれないけど、結婚前の約束を違えるその点はあなたに責があるよ。
子どもも家計も夫婦にとって例え方針を決めているにしても
都度話し合ってすり合わせしないと齟齬がでる。

ただ、あなたの経済状況を見る限り夫の「平等」や「結婚生活」は矛盾ばかりで、
夫の「理想の」生活だよね。
たとえこのまま結婚生活を続けて子どもが出来ても、
あなたと子どもに何らかのしわ寄せが出そうなんだけど…

>>337の言うとおりで、結婚式の誓いの言葉に
「病める時もこれを慈しみ」何たらかんたらってあるじゃん。旦那にそれは無理そうだよ
旦那に一回「もし私が病気になってお金出せなくなったらあなたはどうする?」
「もしあなたが病気になって半身付随になったとして、私は貴方に何をしてほしい?」って
聞いてみたらどうだろう。
どちらにしろあなたは今にっちもさっちもいかないんだから、旦那に言いたい事を言うだけ言ってみて、少しすっきりしてみたら?あと、お金はかかるけど法テラスとかで安く弁護士頼もう


341: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)20:17:21 ID:2bN
>>339
私が働けなくなって、生活費を入れられなくなったら、ある程度の期間様子見た後離婚だって
逆でも、相手に生活費を多く出させて家事折半で支えあいだとか言う人間が、
相手が金稼げなくなったら、当然のように用済みだと逃げるでしょ?だって


342: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)20:32:41 ID:rlD
無理だって。損得でしか考えられない人間は恋愛における自己犠牲って言う概念ないもん。
旦那にとって結婚はあくまで一緒に住む同棲以上のものは何もないんだよ。
それに実際貴方も「旦那が働けなくなったら貴方はどうするか?」に対して
どういう方法を提案できる?
多分旦那の家賃収入や貯金を使用しながら何とかやりくりしてやっていくくらいが妥協点だと思う。
借金背負ってでも支えるっていたところでこの旦那の場合「口だけではなんとでもいえる」だし
現時点で収入面で困らないっていう点については
貴方も旦那の収入をアテにしているのには違いない。

大体そういう相手には
「動けるのに生活費多くださせて家事は折半」っていうのは受け入れられない。
交渉するとするなら専業で家事全部やるからその代わり労働してくれってやるレベル。
でもこの旦那の場合は専業になったところで、時間の概念に対する考えも根本的に違うから
問題はでてくるだろうしやっぱり合わないと思う。

どのみち旦那選びに失敗したんだわ。
貴方の旦那は貴方の望む「愛情」を提供できる人間じゃない。


344: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)20:53:05 ID:2bN
>>342
夫に動けなくなったらどうせ逃げるでしょ?と言われて
そんなことないと反論したけど、相手にされなかった
それに、そういう場合の手はうってあるから、財産狙っても無駄だよとも言われた

結婚前に色々条件出されたとき、本当は不満だったけど、
いずれ譲歩してくれるんじゃないかと心の隅で思ってた
夫にとって私は、周りが結婚結婚煩いから
とりあえず適当なのに条件つけて結婚しただけの相手なんだと思い知らされた

専業主婦になって、夫が稼いできて生活費負担してって、そんなに許せない事なのか
もう、離婚するしかないのかも
次の相手、見つかるのかもわからない
それ以前に住むところも探さないと……


345: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)21:03:58 ID:rlD
>>344
その話の流れで「財産狙ってる」っていう発言が出てくる時点で
貴方という人間をどう見ているかお察し。
あとそういう人間に反論するなら現実的に「どういうプランで支えられるから傍にいる」
をできるかを提案するレベルじゃないと説得0。

稼げる旦那から言わせれば、家事なんて最悪誰かを雇えば出来る話だから
家事にたいして価値なんて見出せていない。
(もし旦那が家事もちゃんと出来る人なら余計そう思うと思う)
専業主婦で夫が稼いで生活負担をすることを許せない人間もいれば許せる人間もいるでしょ。
そんなもんは夫婦2人の価値観によって大きく変わる。あなたの旦那は徹底的に前者だっただけ。

てか結婚前に色々条件出されたってその時点でもかなりの地雷案件じゃん・・・
完全に感情をシャットダウンしてるような人間相手に心変わりするなんて思わんほうが良い。
いつか変わってくれると思ってたっていうけど、結局貴方が夫のそういう部分を
「変えることはできなかった」っていう話なだけだと思う。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>