まとめ連合



私子 当時16歳、彼男 当時40歳。恋は盲目状態に…数ヶ月して、あることがキッカケで私子(あれ、ただのオッサンじゃん!)実は…

585: 恋人は名無しさん 2010/08/20(金) 00:23:40 ID:ooB60qjaP



別の修羅場がちょっとあり急に消えてすみません。

若気の至りな話ですが投下します。





私子  当時16歳

彼男  当時40歳

世話子 当時35歳くらい?



私子は高校1年の夏、地元近くの観光地に1ヶ月の住み込みのバイトに行った。

バイトの内容は保養所の配ぜん。うちの親は行儀見習いの感覚でバイトをOKしてくれた。


仕事は朝早くから昼までと昼休みが4~5時間あって夕方から夜遅くまでけっこうハードだった。

しかし小さな保養所だったため従業員はアットホームな感じで私子はみんなにかわいがられた。


そんな中で話が楽しくて、年よりも若く見える彼男に私子は憧れた。

正直好きとか恋とかそんな感覚ではなかったけど、彼男と話してるのが楽しくていつの間にか

休み時間を一緒に過ごしたり買い物に一緒に出かけたりするようになっていた。


587: 恋人は名無しさん 2010/08/20(金) 00:25:15 ID:ooB60qjaP



だんだん私子は彼男に対して憧れから恋心に変わっていた。親と同じくらいの年のはずだったが

最初に書いた通り、若く見えたし(と言っても30代前半くらい)恋は盲目とはよく言ったもので

私子はそんなこと全然気にならなかった。

中学時代に彼氏ができたこともあったけど、彼男は

とても大人な男で、トークも楽しく、今思えば赤子の手をひねるくらい簡単に私をおとせたんだろう。


ある日買い物に彼男と2人で出かけた時、彼男が「あ、俺家に忘れ物してきた。ちょっと寄ってもいい?」

と言うので彼男の家に寄った。1人暮らしの彼男の部屋。1LDKの小奇麗な部屋だった。

玄関に近いリビングの方でソファーに促され、彼男は奥の部屋に。


なかなか戻ってこないので、「彼男さん・・・?」と名前を呼びながらそっと奥の部屋を覗いた。

振り向いた彼男は少し笑いながら傍にきて私子にキ.ス.をして抱きしめて「覗くなんて悪い子だな」

と優しく言ってそのまま外に出た。私子心臓バクバクでその日の後のことはあまり覚えてない。




588: 恋人は名無しさん 2010/08/20(金) 00:27:46 ID:ooB60qjaP



保養所は2週間に1度連休があり、初めての連休を迎える頃には彼男とはとても仲良くなっていた。

連休なので私子は家に帰ることにしていたが、保養所の人達とバーベキューをしてから帰ることにした。

保養所から少し離れたキャンプ場でバーベキューをした。その時初めて見たのが世話子。


保養所の人ではなかったが、保養所メンバーとは仲のよい人みたいだった。

世話子は周りにとても気を使って飲み物や食べ物などの補充、私子がつまらない思いをしないように

いっぱい話しかけてくれていた。


終電が近くなったので私子は先に帰ることにしたが、彼男はおシ酉を飲まずにいて私子を送ってくれる

ということで言葉に甘えて私子は彼男に送ってもらうことにした。

家までは車で40分くらい。私子の家に向った・・・はずだった。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>