まとめ連合



私「K(婚約者)と解消したい」家族「いい人なのに?!」私(わかってくれない)家族の前でKに電話→後日、父「この縁談は解消願います」

754: 恋人は名無しさん: 2008/06/19(木) 15:13:17 ID:NKHFeB9rO



修羅場っぽいし投下しようかな。



登場人物

私子 自分、当時20歳。

(私子家族/両親、兄二人)



K 元カレ、当時23歳。

(Κ家族/両親、妹二人)





今から3年前なんだけど、私子はKと別れの際に居ました。

理由はΚの浮気とその他諸々。







Κとは4年近く付き合っていて、結婚話も出てた程の仲だった。……少なくとも周りから見れば、の話だが。

私子の両親は非常にΚを気に入っていて、また私子もΚの両親に気に入られてた。

結婚したら住まいはどうしようか、孫は何人欲しいだ、式場はココが良いと、周りから結婚を進められていた感じ。

私子を除く周りの全てが浮かれてたと思う。

Κも、私子の両親やΚの両親の前では凄く良い人だった。



私子さんと一緒になれたら幸せだ、それだけで自分は仕事を頑張れる。

私子さんも素直で従順だが、芯がしっかりとしていて、素敵な方だと思う。

結婚したい、自分がずっと守っていきたい。



こんな事ばかりを言って、実際は違った。





755: 恋人は名無しさん: 2008/06/19(木) 15:14:38 ID:NKHFeB9rO



二人きりで出掛けた時の車内では、人気の無い所でフ○ラやオナを要求し、拒否したら不機嫌になり無視をされる。

焼肉屋等に行けば、Κが満足するまで自分は食べる事を許されなかった。

そのくせ店員が来たら、私子のお皿に焼き上がりの肉を入れて、「熱いから火傷しないように気をつけて食べなよ。」と優しいんだよアピール。



私子もΚも、もちろん働いていたし、なのにご飯代やデート代、Κの欲しがる物など、私子が全て持っていた。

自分でもバカだなって思いながらも、『また怒らせたら何を言われるか解らない』と言う恐怖感みたいな感情ばかりが先走って、何も言えなかった。



 私子の休日は土日が基本で、Κは日曜と水曜休みが基本だった。

そこにも文句を言われた。

Κ「付き合っている男に休みを合わせないなんて、私子は単なるバカだ、ゴミクズみたいなもんだ。早く休みを変えろ。お前みたいなヤツが会社の人と一緒に働けるワケがない。」

私子「会社が決めている休みなんだから、無理だよ。」

Κ「なら有給使うなり休むなりしろ、お前は本当に単なるバカだな。それくらいの事も考えつかないのか?

無能め。」

思えば、周りから結婚を進められはじめた頃から、こんな感じだった。








756: 754(記入忘れてた): 2008/06/19(木) 15:17:06 ID:NKHFeB9rO



 そんなこんなで、早ければ年末に結婚でも……と話しが(勝手に)纏まりかけていた頃だった。

このままじゃ私子自身が駄目になってしまう、と思い立ち、自分の母親に訴えかけました。



私子「Κと別れたい、あの人は皆が思っている程に立派な人じゃない。もう顔を見るのも辛い。」

母「アンタの勘違いでしょ。アンタみたいな女、他に誰が嫁に貰ってやるって言うと思うの?」

当時、母はマリッジブルーだと思っていたようで。

私子「あの人の本○を見せてやりたい、Κは変わったんだと思う。」

こう言ってから、少し聞く耳を持ったんじゃないかな。



 その夜(多分20時くらいだった)、私子の父が帰ってきてから私子の家族だけで話し合いをしました。もちろん兄二人も参加。

『二人きりの時だけ、会社の休みを合わせろ、私子が食べ始めていいのはΚが食べ終わってから、食事代も何もかも全てが私子持ち。

Κが要求した事を飲まなければ不機嫌になったり、ドナられたり無視されたりする。』

 こういう人なんだよ、と伝えても家族は納得しないようだった。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>