「某有名メーカーのデザイナー」と聞いてターゲットにする男を変更。好きじゃなかったが託卵を目的に近づいた私の裏技テクニックとは…


>

141128_appeal-women



引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.3

121: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)01:55:49 ID:1Jy
旦那との馴れ初め。



当時、通っていた整骨院の先生とお近づきになりたくて、

先生が行きつけにしている喫茶店に通ってた。

下心があると上手くいかないもので、その喫茶店で先生と遭遇することはなく

無駄に店主&スタッフ&常連とばかり仲良くなっていった。

そうやって半年くらい無駄に通ってたら、

常連客にデザイナーがいると小耳に挟んだ。

その人は、誰もが知ってる有名メーカーのデザインもしたことがあるらしい。

当然稼ぎも良い。しかも独身らしい。更に近々独立する予定だとか。

ドルオタで、乃木坂の○○ちゃんが好き等軽く情報収集した。



そんな話をした約1月後、

偶然そのデザイナーさんとご一緒することになった。

Facebookで顔を確認してたから、

すぐに彼がデザイナーと分かったけど知らん顔。

簡単な自己紹介(名前と年齢、常連歴と来店のきっかけ)をしたあと雑談。

「彼氏いないんですよ~」

と言うと、彼は名刺を差し出した。やっぱりデザイナーだった。

それから手掛けた作品を見せられ、知ってたけど

「えー!?これ、○○さんがデザインされたんですか!?これも!?すごーい!」

と耳障りの良い言葉を浴びせたあと

「ありがとうございました!」

と笑顔で名刺を返した。「えっ!?」となる彼。

「え、名刺も見せてくれただけじゃないんですか?」

と聞くと「イヤイヤ…」と苦笑いする彼。

「あ、いただいていいんですか?ありがとうございます!」

と名刺を受け取り、世間話を開始。

その後も他の常連客と同じように接していたら、

彼から色々誘われるようになった。

「いいですね、じゃあ○○さんとかも誘って…」

とあくまで彼に興味ないふりをし、

でも話は彼の趣味に合わせて仲良くなっていった。



現在彼と結婚して2年。

今でこそ旦那のこと大好きだけど、

付き合い始めた頃は単なる財布としか思ってなかったし

そもそも整骨院の先生のことが好きだった。

正直言うと、託卵を目論んでた。

122: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)07:55:11 ID:N45
>>121

馴れ初めスレと思ってたら違って黒くて笑ったww

123: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)08:40:12 ID:QuL
>>121

うまいなー!

朝からいい女の黒さを見せてもらったわw

124: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)09:35:01 ID:vAU
>>121

黒いし確かに墓場w

誰も不幸になってないのがいいね