まとめ連合



高学歴新人から見下されていたバカ高卒の私があるクイズ番組でまさかの連続正解、謎の奇跡が生じて一目置かれる存在として扱われるようになったが…



ふぁいなる





引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(136)

120: 1/2@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 22:22:28.34 ID:GGaa7r2i.net
技術と実力があれば(一応)学歴不問の職場に勤めていた時の事です。



仕事の性質上、必然的に高学歴の人が多く、そんな中で私のみ底辺おバカ高卒でした。

が、職場は学歴差別とかはなく、あくまで実力重視で和気藹々。

そこへ有名大学卒の新人さんが入ってきました。

最初は普通に話していたんですが、私がバカ高卒だと知ると、

軽く見下す感じになっていきました。

気持ちはわかるんだけど、その職場でそういう態度はちょっと珍しかったので内心イラッ。

とはいえ、私の方が先輩である事から、一応気を使っているのか、

表面上は普通に接してきてて、時々ポロッと本音がこぼれ落ちる程度だったので、

とりあえずは円満に付き合ってました。

121: 2/2@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 22:23:46.96 ID:GGaa7r2i.net
そんなある日、他の同僚と3人で彼女宅に遊びに行く事になりました。

会話が途切れて、誰かがテレビを点けたのですが、

やっていたのがたまたまクイズ番組。

知識と雑学がないと勝ち上がれないタイプの番組です。



テレビ画面の中で、「さぁ○問目です」と、司会が出題しています。

すると、それまで快進撃だったらしい回答者が答えられずに口ごもる。

彼女を含めた同僚達も回答がわからないようで、

「うーむ、知らないなぁ」「わかんない」と言ってましたが、

たまったま偶然、私はその回答を知ってたので、「○○○○だよ」と言いました。



彼女以外の同僚は、私が雑学好きで、

時々、変な事を知っているという認識があったので、

「え、ホント?」と喜色を浮かべましたが、彼女だけは無言のまま、ちょっと鼻で笑う感じ。

ですが結局回答はまさしく○○○○だったので、

瞬間彼女が目を見開いたのを目撃しました。

他の同僚は「おーーー、さすがどーでもいい事を何故か知ってる(私)さん!!」

と歓声を上げてくれました。ちょっと小気味良かったです。



しかも一度だけでは終わりませんでした。

その後出題される問題は、全部私が知ってるものばかりだったんです。

同僚達はすごーいすごーいと私に拍手。

私は「へっへっへー」と冗談交じりに調子づきました。

問題の彼女も最後には「なになに凄くない?」と顔が綻んでて、見る目が違ってて、

翌日からは あ ま り 見下しをポロりさせなくなり、溜飲を下げました。



これは奇跡だったと思います。確かに変な雑学を知ってる方ではありましたが、

おバカ高卒の身の割りにはって程度ですし、

どんなクイズ番組見てても、基、正解率はけして高くない方ですし。

本当にその時、たまたま私が知ってて、

他の人は知らない問題だけが偶然にも連発されたというだけでしたが、

かなりスーッとしました。

122: 蠍 ◆l2.NWrKO3. @\(^o^)/ 2016/01/18(月) 22:30:57.93 ID:sx/LUWu+.net
>>121

クイズ番組GJ!



うそw

>>121GJです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>