まとめ連合



競技歴4年の友人に対して2ヶ月で圧勝してしまい縁を切られた。2年で最高位にまで急上昇したが。



やち





引用元: 何を書いても構いませんので@生活全般板 666

385: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 19:10:12.49 ID:DogUzgEy.net
中学生の頃、お友達になった人と話題を共有したくて、

その人の打ち込んでいるものに「私もやるー」って感じで首を突っ込んだら、

2ヶ月でその人を抜かしてしまった。ちなみにその人は4年も経験を積んだ人だった。

その人はその分野の派生ジャンルにも手を伸ばしたけど、

その分野でも自分が後追いで圧倒してしまった。

今思えばそのお友達は死に物狂いで頑張ったと思う。

抜かされないように、経験を積んだ自分の方が上だと誇示するように、

派生ジャンルにまで手を出して。



だけど私はその道で、たった2年で最高位にまで来てしまった。

それも、苦しくつらい努力なんかせず、ただ純粋に楽しく遊ぶような気持ちで。

で、何も考えてなかった中学生の自分は友達にこう話しちゃったんだ。

「すっごく楽しいね!教えてくれてありがとう!」

それ以降縁を切られた。



ちなみに相手は男性で、自分は女性だ。

今思えば、相手のプライドや自尊心をズタズタにするには充分な行いだったと思う。

今でも私はその分野では最高位の立ち位置にいるが、

新しく入ってくる新人が死に物狂いで練習するその辛さがわからない。

私にはこの分野への適性が過剰とも言えるくらいに有っただけで、

努力も苦労も、過程を経た先の達成感も得ていないのだろう。

今でもこの分野の周りの人と、話が合わなかったりする。



一つだけ確信があるのは、私はまだおそらく伸び代がある。

去年の秋頃、少し努力をしてみるか、と思い立ち、

1ヶ月だけ苦行にも似た特訓に身を投じてみた。すると、目に見えて成長があった。

…私が師範と読んでいた人のレベルにあと一歩のところまで来てしまった。

すると、周りのやっかみも増えた。

女のクセに、お姫様気取りだ、不正をしている、生意気だ……

中には、直接的な嫌がらせをしてくる人もいた。

それを機に、私はその門から去る事にした。



1人で、趣味としてその分野に立つ事にした。

大会を気にせず、人の目を離れ、非公式な場でのみ立つ事にした。

そこで初めて気付いた。私はこの分野への愛情は変わらず持っているが、

この分野に関わる人を嫌いになってしまったのだ。

楽しく和気あいあいと、同門の徒として、共に歩む。

仲間の成長は喜び、助け、成長の度合い、方向性は違えど、共に行く。

なぜそれができないのだろうか。なぜ人を僻むのか。

387: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 19:11:03.53 ID:DogUzgEy.net
私の立場から言うと文字通り上から目線だ、そんなことは分かってる。

ただ私は、みんなで楽しく居たかった。世の中って難しい。

そして今日、目上の人にこの事を相談したら、

「お前は利口な奴だ、俺がゴチャゴチャと説明せずとも、ほとんど理解しているだろう。

だから俺の立場で、俺が経験して得たものを簡潔に伝えてやる。

いいか、才能とはそういうモノだ。上に立つという事は、そういう事だ。

つらいだろうが、お前なりに受け止めなければいけない。

それは、お前の運命の一つでもあるんだ」



だからここにこれまでの気持ちを書き留めておく。同じ文章は日記にも書いた。

少しずつ受け止める、そうしないと、何も変われないんだろう。

とりあえず全国で10本の指には入るようにしよう。

上り詰めて、それからまた考えよう。今まで悩んできた事の意味を。

390: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 19:24:57.59 ID:ZEtFAozb.net
将棋?

389: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 19:20:31.88 ID:CtO2O3yg.net
中学生

大会

特訓

お姫様



マリオカートかな…




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>