まとめ連合



30代になっても「生き甲斐」がない。決して死にたいとかじゃないんだが、生きている理由を完全に見失った。



song_01



引用元: 【人生】誰かがあなたの悩みに答えます637【相談】

434: マジレスさん 2017/01/08(日) 23:39:39.45 ID:dyWoU3Rn
スレの趣旨と違う事だったごめんなさい



皆さま、生き甲斐ってありますか?

私は30代の後天性身体障碍者(足)です。

元々強い目標等を持っていたわけじゃあないけど

身体が悪くなってから特に生きている理由が見つけられなくなった

決してジサツしたいとかそういう事じゃなくて

自分が障碍者になってしまっても生きていて良い理由を見つけたいと思ってます

障碍の有無は別として皆様の生き甲斐や目標などをお聞かせ願えれば幸いです



的の定まらない話で申し訳ございません

435: マジレスさん 2017/01/08(日) 23:52:32.49 ID:QR2nbo3X
>>434

おれはあなたより少し年上だけど、生き甲斐あるかって言われても答えがまだないなぁ

いつかそのうち精神も肉体もなくなるときがくるんだろうけど、

そうなるのは怖いなぁと思いつつもでもそうなったら怖いと感じる意識もなくなるわけで、

別にどうでもよくなるんだよね



「どうせみんな必ず死んでなんにもなくなる時がくるんだから」

ここまでは万人に共通する前提。そこから、

1)せっかく今意識があるんだから、この意識があるうちは楽しく生きてやろう、

正しく生きてやろう、一生懸命生きてやろう、など、ポジティブに行くか

または

2)どうせ行き着く先は同じなんだから、適当でいいやね

のふたつに別れるかな、おれの場合。



そんで、2)だと、せっかく生まれた(意識がある)のに、なんか意味がないと思う。

どうせうたかたの夢なら、生き切った、と思えるように生きたいとは思う。

具体的には、死に際に、楽しい人生だった、と思えるようになりたい。



そう思えるようになるにはどう生きたらいいか、

それが俺の生きがいになりそうな気がする。そして答えはまだわからない

439: 434 2017/01/09(月) 01:00:17.45 ID:le1vCTTz
>>435さん

かなり考え方が近いと思います。

あと寿命を考えれば40年くらい生きるのであろうから

死ぬとき(自分が消えるとき)にまあまあだったと思えるならば

良い人生だったと思う。そう思って今日も生きています。

436: マジレスさん 2017/01/08(日) 23:58:08.52 ID:LytoQOOy
近所にね、中途で目を悪くした人がいてね

今日、その人のことを新聞で見かけて家族で話題になったんだけど

その人は目が見えなくなると診断されてから

会社の配置換えで勧められてある資格を取ったり

盲学校の高等部に通ったりアクティブだったことがわかって

家族一同めげない人だ・・と感心しきりだった

10年ぐらい前に駅にうちの主人を迎えに行ってた時に

最終のバスに乗る彼をよく見かけた

多分、その時夜間の盲学校に通学していたのかもしれない

その人の家族は数年前に送迎していたのを見かけたけど

その後バス通勤と電車通勤にしたみたいだ



お元気なころはスポーツをよくやっていた活動的な人だった

困難に負けない不屈の精神

立派だ



あなたも過去には戻れない

でも前には歩いていかないと道は拓けない

少しずつでいいから前に歩こう

車いすでも杖でも

貴方を支えてくれる人がいるはず

439: 434 2017/01/09(月) 01:00:17.45 ID:le1vCTTz
>>436さん

過去の人生の転機に大きな選択ミスをしていて

間接的ではあるけどそれが現在の障碍に繋がっている。

そのことからもう8年経過して、忘れられなくとも切り替えなきゃいけない。

そう思ってはいますがどうしてもその時の事に引きずられてしまう。

現在は良い上司や同僚に恵まれ、支えられ

過去と切り離して生活できるはずなのに自分の中で整理しきれていない。

いつかは過去よりも現在の環境に感謝してもっと前を見て

再度人生を前向きに歩める日を迎えられるように努力したいと思います。



お二方、深夜に回答ありがとうございました。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>