まとめ連合



「教師からイジメられている」と訴えていた友人が私を奴隷扱い、私はただの○○だった。友達の縁を切ることにしたんだが…



あま





引用元: 友達をやめるとき 119

758: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 00:20:22.16 ID:YCxv0ti7.net
某SNSで友やめ



オタクです

文章下手なのと頭が悪いので、

今まであったことをどう文章化していいか分からないけど吐き出させてください。

長いです。見苦しいと思うので、無理だと思ったらスルーでお願いします。

趣味が合って付き合いを持った歳の差がある友人がいた、私が上で彼女が下。

二人きりのアカウントを取って、毎晩趣味や私生活の出来事を話す日々が続き、

ひと月ほどはとても楽しかった。

けれど、彼女は段々と愚痴が多くなっていった。



小学生の頃担任教師からイジメられていた、バイトで嫌なことがあった、

腰が痛いあそこが痛い、自分の絵は評価が低くて辛い、

性同一性障碍で男性と付き合えない、

とバリエーションが多彩で着いていくのが困難だったが必死に慰めた。

759: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 00:22:17.38 ID:YCxv0ti7.net
一年が経ち、ほぼ愚痴だけになった頃、私の父が病に倒れた。

事情を話して、

「悪いけど暫くは聞く側に回ってくれないか。

死んでしまうんじゃないかと不安で辛いから」

と頼むと、彼女は快諾してくれた。

 

が、数日頼っただけで来なくなり、

父が治った旨を大勢と繋がっているアカウントで話すと、

また二人のアカウントに来て自分の愚痴を吐き出すようになった。

その際「年上の人の深刻な悩みをどう受け止めていいか分からなかった。

これからは逃げたりしないから、またお付き合いしてください」

と謝られ、年下に頼りすぎた自分を反省した。けれど、こういう

「こちらがしてきたことをお願いすると逃げて、ほとぼりが冷めた頃謝ってくる」

事は何度も繰り返された。



誕生日やクリスマスにプレゼントを送り合おうと約束しても、

彼女からの荷物は届かず、こちらが送った品を喜ばれて終わりということも多々あった。

事情があるのかと聞いてみると、「次の機会に送ろうと思ってた」と言ってくれたので、

好意や気持ちがあるなら構わないと放っておいた。



疎遠になっている間に彼女はコスプレに嵌り、自分の活動とはズレてしまったが、

好きなことをして辛さを克服してほしい気持ちで応援していた。

ブスだから、肩幅が広いから似合わないと荒れる彼女に、

そんなことはないとても綺麗だよと誉める項目が加わった。

イジメで否定されたことを一つ一つ肯定したりと、自分なりに優しく接してきた。



最初の頃は、人が信用できない、約束をするのがトラウマ、

誰にも心を開けない、人を思いやるということが分からないと悩んでいた彼女は、

丁寧に肯定して優しく諭すうちにどんどん人が変わって行き、

誰とでも気さくに仲良くなれる明るい性格になっていった。

そして、コスプレで一定の人気を得、主催を多く経験するようになり、

上司と折り合いが悪かったバイトも順調にいくようになった矢先、

彼女は再び来なくなった。

出会ってから二年が経った。

760: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 00:26:06.02 ID:YCxv0ti7.net
(3/3)二回で収まるかと思ったけど、長すぎると怒られました。ごめんなさい。



結局彼女は、私をゴミ箱にしていただけだったのだと思う。

捨てるゴミも減って、私よりもっと上手に誉めてくれる相手がたくさんできたから、

私の事はいらなくなったんだろう。

今日も彼女はコスプレを披露するアカウントで、多くの人と楽しそうにしている。

私も自分の活動でそれなりに友人がいるから疎外感や嫉妬は感じないけど、

どうしてももやもやしてしまう。

何がと聞かれても上手く説明できないけど悲しい。



これを投稿したら、全てのアカウントで静かにお別れして、連絡先から削除するつもりだ。

友やめというか、友やめられというか。自業自得で奴隷乙のみっともない愚痴でした。

誰に言える話でもないので、ここで吐き出して忘れます




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>