まとめ連合



何も言わずに転校していった中学の同級生、13年の時を経て再開した彼女に俺は感情を抑えきれずに・・・

4 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 12:14:05.54 ID:2bDrzic0
中学に入って最初の授業の時だった。

俺が板書をしていると、隣に座るサトミが「あ」と言う小さな声をあげた



俺はチラリとサトミを見るとシャーペンをカチカチとして自分の筆箱を探っている。

恐らくシャーペンの芯が切れたのだろう



が、どうやらシャーペンの芯が無いらしい。

サトミはいきなり頭を抱えたww



分かりやすい奴だった。



6 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 12:17:26.39 ID:2bDrzic0
サトミ「ん~・・・・」

なんか唸りだした。

そしてキョロキョロし始める



俺は自分の筆箱からシャーペンの芯ケースを取り出して、そのままサトミの机に置いた



サトミは俺を見て口だけで「良いの?」と聞いてきた。

俺は黙って頷く。



サトミはシャーペンの芯を一本取り出して、ノートを少し千切った

そして俺に芯ケースとノートの切れ端を渡してくる



7 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 12:20:27.27 ID:2bDrzic0
ノートの切れ端には可愛い文字で「ありがとう」と書いていた

俺は少し照れた。まだ厨房で女ともちゃんと話せない奴だったので何も言えなかったんだ



サトミはまたもや「あ・・・」と呟いた。

そのまま机の下とかを見出す



どうやら芯を落としたらしい。

サトミは泣きそうな顔をし始めた



俺は笑いそうになった






  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>