まとめ連合



40過ぎの旦那に大阪弁になってしまう病気が発症、原因は新イケメン部下だった。恥ずかし過ぎる生活に愛情も氷点下まで冷めた


>

KJ5swZPaMLoFMXl_23114 (1)

引用元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open 4年目

78: 名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)07:54:35 ID:5ow
40過ぎの旦那が発病した。

病名は中2病。

症状は「なんか最近、俺関西弁やねん」



きっかけは去年、社内で急な異動があって

急に旦那の部下になった若い男性



忘年会の帰りの旦那を迎えに行ったら

「同じ方向だから乗せてやって」と送っていくことになった

小池徹平風の爽やかなイケメンで、この男性が関西弁

関西人らしいフレンドリーで人懐こくよく喋る人だった



社内で女性社員に大人気らしく、40過ぎたうちの旦那は憧れた

そして「なぜか関西弁になっちゃった俺」発症



「~~やねん」

「~~やんかー」

「あかんわー」

「関西弁になってまうわー」



ちなみに私達夫婦は北関東出身で現在も住んでいるので

「やねん」の前の「~~」の部分はイントネーションも北関東弁

無理矢理「~やねん」「~やんかー」をくっつけている感じで不自然

79: 名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)07:54:43 ID:5ow
口を開けば関西弁を喋りたいらしく

先日イオンに行ったら



「どこ行ってたねんー」

「探したやんかー」



スタバでは店員さんに



旦那「俺、キャラメルマキアート好きやねんー」

店員「・・・そうですか」



ちなみに「好きやねん」は

関西の人は「す」にイントネーションがあるはずなんだけど

旦那の「好きやねん」は文章が全部フラット





もう恥ずかしいので止めてと言っても



「なんか勝手に口から出るねんー」



そのうち飽きるだろうと放置してた

80: 名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)07:54:52 ID:5ow
先日、近所の友人と出先で会って、お茶することになった

よその人の前なので、旦那は中2病炸裂



「~やねん」「~やんかー」を連発してたが

友人も違和感を感じたのか、関西弁には突っ込まずにスルーしてくれた



そこに、友人旦那さん登場

うちの旦那は知らなかったけど、この旦那さん、出身が奈良県

社会人になってからは関東~北関東に住んでるけど

幼少期からずっと関西弁(奈良弁)で通してるらしい



ネイティブが登場し、関西弁同士関西弁でどうぞ!と思ったら

ネイティブに怯んだのか、オリジナル関西弁を封じる旦那



急に北関東弁に変わった旦那を見て

友人の奥さんの方がちょっと笑ってたのが恥ずかしかった



軽く世間話をした後、友人夫妻が先にお店を出ることになり

旦那さんが「ほな、いきまひょか?」と言って帰って行った。



その後、旦那は一人でヒートアップ

「いきまひょか?」なんて、あんな関西弁偽物やわー

あの人ニセ関西人やわーと半日ブツブツ言っていた



もう恥ずかしいやら情けないやらで、愛情も氷点下まで冷めた

84: 名無しさん@おーぷん 2016/02/15(月)09:04:16 ID:ZeD
うぜええええwww




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>