まとめ連合



各店で出禁になってるキチババアが家族を兄の会社に売り込みに来るようになった。兄はオバハン宅に逆凸し反撃に



babaa





引用元: 何を書いても構いませんので@生活板  7

546: 1/7 2015/07/10(金)07:52:15 ID:kqe
うちは両親と祖父母が建てた二世帯住宅を、

兄夫婦と妹である私夫婦で相続して、一緒に住んでいる。



5年ほど前、商社マンだった兄が激務による不摂生で大病を患い、

一年入院して退職。

会社は引き止めてくれたんだけど、「以前のような働き方は、もう無理」と兄は判断。

その後、兄は半年ほど「早寝早起き」「毎日、1万歩歩いて図書館通い」して、起業。

会社は「テレワーク(遠隔勤務)」主体。

兄のように、かってはバリバリ働いていたが、

病気などで一線を退いた人が自宅PCとネット回線で会社とつながり、

在宅で仕事をする。



わかりやすく言えば、ネットを使った

「PC内職斡旋会社」「ネット外注請負会社」みたいなもの。

兄が商社時代に扱っていた商材と培った人脈で、それなりに軌道に乗った。

登録してもらっている人たちも、かっては大手で働いていた優秀な人なのだが、

病気の後遺症、子育て、介護などで、通勤や長時間労働、残業ができないだけで、

労働効率はかなり良い。

兄嫁さんもその会社で働き、私も働かせてもらっている。

すごく儲かっているわけではないが、経費を抑えられる分だけ、待遇は良くしてる。

547: 2/7 2015/07/10(金)07:53:02 ID:kqe
数カ月前のこと、テレビの取材が兄の会社に入った。

夕方のニュースの内部障碍者特集みたいなもので、

今はこういう会社もありますよーって感じで、正味5分くらい。

私達は事前取材に何時間も取られたり、収録は半日だったのに、

結構あっけなかったな、って感じ。



ところが、この取材の反響が私達が考えていたよりも凄かった。

お役所や特殊法人みたいなところから話を聞きたいとか、兄には講演依頼まできた。

そして、求職者の応募も一気に増えた。



うちのテレワークのシステムというのは、ネット上にバーチャル・オフィスがあって、

PCに向かっている(作業している)時は「在席」表示されるようになっていて、

進行中の作業を、リアルタイムでホストからチェックできたり、

なにかあれば文字チャットでパパッと打ち合わせたり、

プロジェクトごとに文字チャット会議やボイスチャットしたりもする。

だから、顔が見えない分、要領がわかる実務経験が必要なのだが…… 

困った求職者が増えた。

548: 3/7 2015/07/10(金)07:53:59 ID:kqe
その代表格が、隣町のAさん。

隣町といっても、自転車で10分の距離だから、私も兄夫婦も一面識もない。

ある日、突然、我が家の二世帯住宅へやってきた。

(しかも兄側の世帯=会社ではなく、うちの方)

インタフォン越しにいきなり

「○○町のAだけど、御宅の会社に優秀な人材を紹介したくって」と。



カメラで確認すると、見るからに口喧しそうなオバサンだったので、ドアは開けず

「うちはネットでの求人しかしてないんですよ」と答えると、

兄家の子供と、我が家の子供が遊んでる声が聞こえたらしく、

「あらー! 子供まで預かってくれるのね、これは好都合だわ。まずは開けてよ」

兄に内線で「ちょっと変な人が来た」と伝えると、

子供は私宅に置いて、Aさんを兄宅へと案内せよ、と。

私が兄宅へと案内すると、Aさんが一方的に喋る喋る!



「うちにパソコンやネットの『達人』がいる。御宅の会社で絶対に必要な優秀な人材」

「その人は、御宅と同じ仕事をやろうと前々から考えていた。

だから、経営陣として迎えるべき」

「その人の奥さんには子供がいるから、こちらで預かってくれるなら、

二人も貴重な人材が手に入るわよ」

「パソコン教えてくれるなら、私も働いてあげるわ」

549: 4/7 2015/07/10(金)07:54:55 ID:kqe
兄は極めて冷静に

・当社の募集はネット応募が基本。その後、ネット面接であること。

・専門職なので職歴も重視すること。

・経営陣は全て揃ってるので、現在は募集していないこと。

・子育てしながらでも働けるから、保育施設はないこと。

・ご本人からの応募でなければ、一切応じられないこと。

…を説明。



ここまでで30分を超えていたのだが、とにかくAさんが粘ること粘ること。

3回「お引き取りください」といっても、「でもでも」と一方的に話し続けるので、

兄が「こちらのお話を聞いてくれない方のご紹介ですと、

絶対にうちでは働けないことになりますが?」と脅してやっと帰ってくれた。



その後、計3回、Aさんは襲来。

3回ともインタフォン対応で「ご本人のネット応募以外は応じません」と拒絶。

兄夫婦さんが夕飯の材料を買いに商店街へ行ったら遭遇。

「先日の件、考えてくれた? 御宅にとっても、絶対に損はない話なのよ」

とペチャクチャ。

兄嫁さんが近所の商店街へ一人で行った時も「社長さんによろしくね~」

とまるで知人のような声のかけ方をしてくる。



兄嫁「もう、あの商店街へ行けない。社長夫人とか、

そんな大層なものじゃないのに、近所の人にジロジロ見られて恥ずかしい」




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>