まとめ連合



俺の愛する嫁が、俺の80kg代の独身の姉2人をモデル・アイドル級に生まれ変わらせた。整形手術より改造手術を疑うレベルの変化だ

159: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)21:12:39 ID:heWmWAOP0


やべwww分割間違えた



嫁曰く

「アンタの姉二人は痩せればかなりの美人、それも義母と義父のいいとこどり」

「妬みや嫉みを口にするが引っ込み思案で実害はない」

「整えれば行き遅れになる意味が分からないレベルの美女である」

「むしろこのまま行き遅れになられて内に害が及ぶ方が迷惑だ」

「義母が甘やかしてるせいではあるが母離れすればいいだけのはなし」

「協力しろ。悪いと思うのなら三カ月間の我慢と餌の金をだせ。

餌は必ず帰ってくるから」

「わかったか?出し殻野郎」

とのこと。



だだだだだ出し殻ちゃうわ!!と突っ込みながらも

お前は義父義母の残念な部分を受け継いでいるが

私が惚れている部分はそこではないので今は置いとけと

言われ了解した。







          

160: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)21:13:08 ID:heWmWAOP0


3/5

んで嫁はまず長女を落とした。

アンタらは痩せれば美人だ、勿体ない、女を捨てるな、

三か月でいい、私の指導に従え、

変わらなければ100万くれてやる(資金提供俺)

それから三か月上手い飯は変わらなかったが

あっさりとしたダイエットフード(但し俺の弁当は豪華)

食い物系の嗜好品は一切なし、家に置く食料も最低限(まじでコメと調味料のみ)

スパルタに長女の尻を蹴り運動させ、

色んなところに連れまわした。

逃げようとしても羽交い絞めにして百万の札束で頬を打った。



変化は三か月でメキメキとあらわれた。

芋臭くてやぼったい丸く豚のようなあ長女がモデル系の女に変わったのだ。

正直いって一か月めでも驚いていたのだが嫁のプロデュースで

88日後の姉は身内のひいきの目などなかった俺にも美女に映った。

姉の変化もすさまじかったギャンギャン文句を言っていた姉も(嫁にいわず俺に言う)

一か月目で黙々とこなしていた。



三か月後の姉は自己評価は低かったものの自分の変化に只々驚いていた。

それはそうだ横で見てなかったら整形手術より改造手術を疑うレベルの変化だ。

大阪のおばさんがグラビア美女に変わったのだから。

三か月間は実家に帰すことはなかった

長女が俺たち夫婦と共に起床すると家は驚きに包まれた。

それはそうだ連絡入れず帰ったのだが長女に一番にかけられた言葉が

親父・母・次女全員「誰?あんた?」だったからだ。

その後は凄かった。母は「あらまー、んまー、えー」しか言わなかった。

親父は「うそ~ん」とつぶやき茫然

次女は「整形!?脂肪吸引!?」と喚く喚く。

















         

161: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)21:14:25 ID:heWmWAOP0


4/5

経過を写真でとっていた嫁は俺家族と話し合い。

他人を連れてきたと馬鹿をのたまう家にこんこんと説明をする、

そして次は次女だと宣言。

嫁曰く長女は綺麗系だが次女は可愛い系になるとのこと。

長女に仕込むことはまだの残っているし協力を願いたいから

さらに三か月うちに来いとのこと。



宣言は現実化する。受け入れも簡単。何しろ見本が目の前にいるのだ。

さらに三か月後次女はアイドル系の女性になった。

俺はただただ脱帽した30年以上知っている姉達はデブで出不精で

友達は少なく暗いくせに弟の俺には横暴な小心者の喪女だったからだ。

俺の姉、いやお姉ぇちゃんじゃない!!って感じだ。

二人の姉は嫁を崇拝しだす。嫁曰く洗脳完了だそうだ。



そしてファッションセンスに乏しく寝転がりながら屁をこき煎餅をこぼしながら

尻をかくふたりの挙動を矯正し、俺同伴で色々な所に連れ出した。

一年ぐらいたったころ。忘れもしない12月中旬

姉二人が内に訪ねてきた。それぞれの彼氏同伴で。

長女は優しそうなメガネの青年だった

年は姉と同じで仕事に感けていたら一人だったといっている。

次女は年下のガタイのいい黒光りした肉体派の青年だった。







          

162: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)21:17:28 ID:heWmWAOP0


5/5

姉二人は泣きながら嫁に感謝し縋っていた。

二人の男性は少し苦笑しつつ実家にあいさつしに行きたいといった。

で三組で実家へ父母狂喜乱舞。

母は「まーまーまー」しか言わないし

親父は威厳を出そうと無口を装うも失敗しオロオロと情けない。



この頃には母は嫁に頭が上がらなかったし、

感謝しきりだった。んで嫁があっさり妊娠した告げた。

俺驚愕!!えっ?マジ!?姉二人と父母も驚愕。

嫁はけらけらと笑う

母「あらららら」としか言わなくなる。

姉二人は嫁を姫のごとくもてなし始める、俺は親父と二人でおろろろ。

タバコ吸おうとしてダメじゃんと速攻で消しつつ、

喜びで頭の中がマジかマジかで溢れニヤニヤが止まらなかった。

二人の青年におめでとうございますといわれ。

乱舞したのち帰宅。速攻で嫁実家へ。

義両親に笑顔でベシベシ叩かれ、俺号泣。



一年後世界一可愛い男女の双子誕生。

嫁の手先になった姉二人による名づけや凸などの

母の暴走の防御・鎮静化などありつつ問題なく嫁の天下統一は完了。

翌年長女・翌々年次女結婚・二姉共に程なくして妊娠・出産。

内に負けず劣らずラブい家庭を作っている。



うちの家族は皆口をそろえて言う。

嫁が居なければ姉達は未だにデブの行き遅れだっただろう。

この幸せは嫁だから生まれたものだと。

これから先俺が嫁を悲しませたりしたら一家総出で袋叩きにあって

ごみの日に野ざらしにされるだろう。そんな事をする気がないが

ちなみにうちの親戚も祖父母も嫁信者だ。

従兄妹や叔父叔母も姉の変化と手術などではない写真証拠を見せると

皆驚嘆と賛辞を投げる。

うちの一族の俺の評価はパッとしないアヒルが

フェニックスを連れてきたようなもんだといわれている。



嫁と結婚し数年、今も後ろのリビングで世界一可愛い双子と

謎の踊りを踊る嫁を眺めつつ書き込んでみた。







    




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>