まとめ連合



「思ってたのと違うよ!」黒魔術をかけられて苦しめられたんだが、かけてきた相手が予想外だった






1: ◆9LNU3QnvLw :2012/03/15(木) 15:23:57.34 ID:yEISyK7/0


書き溜めてないし、暇つぶし程度にまったりと書いてく。



2:名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 15:25:04.08 ID:2gqMMZ/50



はよ



3: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:26:00.52 ID:yEISyK7/0


酉付けておくお。

スペック

26才

フツメン


4: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:29:52.01 ID:yEISyK7/0


事の発端は、学生時代に付き合った彼女だ。

その彼女のスペックは見た目は普通よりかわいいくらいで、
おっぱいもCよりちょいあるくらいのいい感じぱいぱい。

Hもなかなかうまい、というか男のツボを押さえている感じ。

まぁ要はビッチだったんだよね。



6: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:34:07.73 ID:yEISyK7/0


性格は比較的穏やかで、周りからも好かれるような彼女だった。

お互いに学生(言い忘れたが専門学生である)ということもあって、
毎日泊まり込みのギシアンに励む日々である。

しかしお互いにお互いの生活がやはりあるわけで、
毎日一緒にいるなんてのは到底不可能である。

自己中我儘セクロス大臣の俺は駄々をこねる。

俺に甘々な彼女は俺の我儘を毎回のむことになるんだな。



7: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:38:27.74 ID:yEISyK7/0


当時完全に精子脳だった俺は、わがままを言ってはセクロスさせてもらってた。

10分でも時間が出来ればベッドインといった具合だ。

しかし我儘が度重なれば彼女の不満は確実に蓄積されていくわけで。

俺はそんなの気づかず我儘放題。

あるとき彼女のフラストレーションは爆発することとなる。

彼女「もう>>1の我儘にはついていけない。」



8: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:41:48.81 ID:yEISyK7/0


俺の脳内で橋本真也の「時は来た。」がその時エンドレスリピートされたのを覚えてる。

しかも一恋人としてその彼女を見ていたというより、
セクロスできる相手としての認識が強かった俺は精子脳で考えた。

(もう気軽にセクロスできねぇじゃん…)

だから言ってやったよ。

俺「別れたくない!!!!」



9: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:46:40.70 ID:yEISyK7/0


しばらく別れる別れないの押し問答が続いたが結局別れることに。

別れ際彼女に、「>>1のことは大好き。でも今のままの>>1とは付き合えない。
もっと人間的に成長したらまた付き合いたい。」

と言われた。が、そんないつのことになるか分からない
話を信じて待っていられるほどおちん○んは生易しいもんじゃない。

あっそ。と開き直り、俺はバイト先の子やその友達へと
気持ちをシフトチェンジすることにした。

今思えば、この楽観的というか最低な発想のおかげで首が締まるんだが。



10:名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 15:52:01.68 ID:2gqMMZ/50



若い時なんてそんなもんだw

寝ても覚めてもセクロス



11: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 15:56:45.08 ID:yEISyK7/0


俺は遊んだ。遊びまくった。

正直彼女と別れてから日々引きずっている自分に気が付き、
彼女への思いを忘れるために遊ぶしかなかった。

でも姑息な俺は彼女の言葉を少し期待していたので、
彼女の耳には入らない程度に距離を置いて遊んだ。

いつものようにバイト先の女の子とバイト上がりに合流して、
セクロスするために俺の家に帰ってきたときのこと。

その日は残暑厳しい熱帯夜だったのを覚えている。

玄関前でひとしきりいちゃいちゃし、早くINTOしたかったので鍵を開けて部屋へ入った。

女「…なんか寒くない?」

俺「そうか?あちーよwwwエアコンつけよw」

女「なんか背筋が凍るというか、変な感じがする。」

そう言ったっきり女のテンションガタ落ちw

とてもセクロスする気分になれないといって言われ、全力拒否されたwwww

玄関前までおまた洪水してましたやんorz

その日はバイトの疲れもあって早々に寝ることにした。



12: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:01:21.99 ID:yEISyK7/0


早朝、テレビの音で目が覚めた。

バイト女はベッドにも入らずテーブルにもたれかかってテレビを眺めてる。

俺「まだ5時にもなってないじゃんw寝れないの?」

女「となりでずっとうなされてたら寝れるわけないじゃんw
凄く汗かいて苦しそうだったけど悪い夢でも見てたの?」

正直悪夢はみていなかった。というよりも元カノとのセクロスの夢を見てて、
朝立ちフル勃起だったくらいだ。

取り敢えずセクロスして寝た。



13: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:04:53.43 ID:yEISyK7/0


それから数回セクロスしたあたりでバイト女が避けるようになった。

気味悪がってるというか。正直なんでだか分らなかったけど、
その時俺もバイト女が鬱陶しく思いだしていたので都合がよかった。

しかし避けだしていたのはバイト女だけではなかった。

バイト先の女は基本的に俺と距離を置いてるというか。

バイト女と遊んだことばれたかーまぁいいやくらいにしか思わなかった。



14: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:13:15.01 ID:yEISyK7/0


一カ月位したころ、バイト先の先輩と飲む機会があった。

先輩は後輩に理解があり、面倒見もよく、兄貴的な存在として俺も慕っていた。

俺は段々酔っぱらって、何故バイト女たちに避けられてるのか、真相を聞き出したくなった。

先輩は「お前がバイト女ヤリ捨てたからじゃね?w」とか言われたが、顛末を濁される。

俺「先輩がそういう時は大抵ウソついてるときですやんwwwwww」

先輩「ウソというか俺シラネーwwwww」

俺「正直知ってるでしょ?w」

先輩「…い、いや、シラネ―wwwww」

我ながらしつこかったが結局先輩は口を割らなかった。

でもあんな露骨な態度されると気になっちゃう俺は、
先輩と解散した後バイト女と会うことにする。



15: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:18:21.76 ID:yEISyK7/0


とりあえず携帯をとり、バイト女に電話する。

女「はい。」

俺「よっwww」

女「話すの久しぶりだねー。飲んでたっしょ?」

俺「まぁねw今暇?」

しばらく黙ったままのバイト女。

俺「その感じから察するに暇っぽいなwww」

女「wwww冷やかしすか?wwwww」

俺「は?」

女「何でもないー。てかそっちの女の子に失礼だから切るねー。」

俺「??????ちょ」

ツーツーツー…

女「何でもないー。てか」



16: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:24:59.66 ID:yEISyK7/0


意味が分からなかった。基地外シネと思い帰宅した。

その日は何だかむしゃくしゃしてたのを覚えてる。

家に着くや否や、冷蔵庫から発泡酒を取り出し一気飲みw

立て続けにもう一本一気した。

そのままベッドに大の字になりもやもやしてた気持ちを整理しようと考えに耽った。

いつの間にか寝てしまったのか、目を開けると目の前の時計が四時を回っていた。

あー、電気けそー。と思って起き上がろうとしても体が動かなかった。

マウントとられて自分の手足をうまく固定される感覚分かる?
あんな感じでがっちり組まれたように動けなかった。

人生初の金縛りだった。



17: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:30:05.70 ID:yEISyK7/0


でも意外と冷静でいられた。

脳は起きてて、体は寝てる状態だろ?なら脳みそごとまた寝ればよくね?www

そんな感じ。そう思って目を閉じるも変に意識してどんどん頭は覚醒してった。

やべーねれねーwと思ってると不意におでこに息を吹きかけられた。

ふーーーーーーーー…って少量の空気をおでこの一点に
息が切れるまでかけられてるような感じ。

すると段々体が動くようになった。

怖くなったので、オナヌーして寝た。



18: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:33:50.59 ID:yEISyK7/0


次の日学校で昨晩一連の流れを友達に話した。

しかし普段からネタキャラ扱いの俺の話は聞き入れてもらえるわけもなく、
戯言扱いされた。

みんなのその態度を見てたら、
格別悪いことでもないように感じてきて気にならなくなった。

実際金縛りもそれからしばらくなかったしね。



19: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:34:31.19 ID:yEISyK7/0


誰もいないのか?

文才ないのでよみにくかったらすま○こ。



20:名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 16:35:30.74 ID:8GTeLONl0



見てるから

はよ



21:名も無き被検体774号+:2012/03/15(木) 16:38:04.63 ID:/ZVpE+KP0



はよはよ



23: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:43:24.92 ID:yEISyK7/0


ありがとん!

続ける

そのころとからある女性とすごく仲良くなる。

同じ学校で、クラスは違うけどたまに話す程度の女だったんだ。

Aと呼ぶことにする。Aはその当時別れたばかりで、
その相談をよく俺にしてきた。

特別仲が良かったわけではないからなんで俺?
とか思ってたけど、よく電話やメールしてた。



25: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:48:13.63 ID:yEISyK7/0


まぁ先に言っておくが、Aは元カノが毛嫌いしてた女なんだわw

だから復縁を狙っていた俺は後ろめたさがどっかしらにあったんだけど。

よく相談に乗っていたからか、Aとの距離が縮まっていった。

そのころにはよく俺の家に泊まりに来たり、俺がAの家に泊まりに行ったり。
セクロスはなかったけどねw

でもそこは精子脳の俺だ。あるとき二人で酒飲みながら
ホラーDVD見てた時に、Aは怖がりだったから密着すごいしてきた。

我慢できなかった。



26: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:52:24.50 ID:yEISyK7/0


一回してしまいストッパーが完全に崩壊した俺とAは毎日のようにセクロスしまくった。

春休みの終わり頃に、Aとのピロートーク時に「うちらの関係って何?」
と迫られ俺らは付き合うことになった。

男として情けないw

元カノへの思いはまだ拭い切れはしなかったが、
セクロスしまくったAのことを好きになっていたので元カノのことは時期に忘れるだろうと思った。



27: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:56:45.98 ID:yEISyK7/0


それから学校でもAと一緒の時間が増えた。

授業の日程が合えばお昼も一緒に食べ、帰りも一緒に帰れるときは帰ったり。

そんなことをしていたら事実は勝手に広まってくれるもので、
学年全体に俺とAが付き合っていることはあっという間に広まった。

もちろん元カノの耳にもその事実は届くこととなる。

先程書き込んだ通り、元カノはAのことをかなり嫌っていた。

元カノは露骨に俺らを避けるようになった。



28: ◆gKWfLXJsS. :2012/03/15(木) 16:58:21.36 ID:yEISyK7/0


ちなみにAスペック

身長高めでスタイルがよい。

おっぱいもCくらいあり張りのあるいい形。

そして何より俺をも凌ぐセクロス狂w





  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>