まとめ連合



ネトラレ願望を持つ夫と堕落願望を持つ妻が一緒になった結果→そりゃそうなるwww

妻は浮気願望が強く男好きな事はもう解っていたが、まさか娼婦に成る事を承諾するとは思っていなかったから、私だって心構えが無く言葉に詰まってしまったのです。

妻は私が読んでいた『小説・東電OL殺人事件』を読んだと言い、被害者の渡邊泰子と言う女性に強い関心を持ったようなのです。

『泰子さんが娼婦になった心境は理解出来るわ。』と言い、『女は皆、堕落願望を持っていると思うのよ。私だって同じ願望を持っているかもわからない・・・。』と言ったから、妻の『堕落願望』はその小説を読んで目覚めたのかも分かりません。

その夜、私は妻と十分に話し合いました。

妻は『吾郎から娼婦に成れと言われ続ければ、自分が娼婦に堕ちた事を妄想する様になった。』と言い『妄想していると自堕落的な気分になり、娼婦に堕ちた自分に身体の奥で妙な興奮が現れる。』と話し始めたのです。

私は妻のその言葉を聞き『妻を短期間だけ娼婦に堕としてみよう。』と決心したのです。

だが私だって妻を娼婦にする術なんて分からず、色々とネットで調べてみたのです。

最初は『ホテトル譲』にと思ったが、ホテルの密室で知らない男達に体を売る事は危険な気がし、店内で全てが完結するソープ嬢の方が安全の様な気がしたのです。

どのソープランドでもソープ嬢を募集しており・・体験入店可・・と書かれた店も有り・・・勤務は自由に選べるらしいから、数軒に電話を掛け様子を探って見たが『妻をソープ嬢に・・・』と言っても、どの店も冷かしだろうと相手にしてくれませんでした。

今度は妻を説得して電話を掛けさせました。

電話を掛ける事を承諾させるまでに数日掛かったが、高級そうなソープランドのホームページを見せ・・『体験入店だけだ。』・・と説得したのです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>