まとめ連合



長女が10歳の頃に嫁が激しく行為を迫り、長男を授かった→この時俺がもっと考えていれば今こんな事にはならなかったのに・・・

741 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 14:06:44.12



離婚が終わった話はここでいいのかな?

もしよければ間抜けな40おっさんの話を聞いてくれないかな






742 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 14:14:26.77





聞かせてくれ


743 名前:741[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 14:27:35.78





>>742さんありがとう、

終わったばかりなのでとりとめも無い文章になるかもしれませんが宜しくお願いします





私 40歳 管理職 年収1200万ほど

元妻 40歳 専業主婦

子供 長女17歳 長男7歳



私達は18歳より恋愛しており、

就職し軌道に乗ったところでプロポーズ、長女を授かりました。



その後元嫁は育児等に追われレスが続いており、

私も子供はもう諦めていたのですが、

長女が10歳の頃に元嫁が激しく行為を迫り、長男を授かりました。



私は喜び、家事育児、家族サービスも過不足なくやっていたつもりでした。

しかし長男が3歳になったあたりから元嫁の長女に対する態度がひどくなり、

まるでかまってやらないのです。



お恥ずかしい話ですが、

長女の初潮を迎えた時ですら元嫁は煩わしいとばかりな態度をしておりました。



思えばこの時しっかりと調べればよかったのですが、元嫁とは口論になるばかり、

両親を○くしていたため部下の女性に恥を忍んで教授いただき乗り越えました。



不倫なぞ疑いもせず、

私に何か不満があるのか来る日も来る日も悩みました






745 名前:741[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 14:39:01.00





そんな家庭で長女が元嫁をよく思うはずもありません、

次第に長女は私としか会話せず(長男との会話もありませんでした)

情けない私はなんとか家族を繋ぎとめようともがいておりました。



ですが長男も私と会話することを望まず、

家族を守る為に仕事に時間を費やしすぎた己の馬鹿さ加減を呪いました。





昨年のことです、

突然娘が私に大事な話があるので

1日家族に秘密で休みを取って欲しいと頼んできました。



家庭での会話もほぼ娘としかなく、

私は離婚するべきと娘に言われるのか・・・等と考えつつすぐに了承しました。

2010年6月のことでした。



普通に家を出て、返ってくることの無い行ってきますに慣れた私に娘が告げたのは、

親としてとても恥ずかしく、また言わせてはならない言葉でした。



「あの人(娘はもう元嫁を母とは呼んでおりません)浮気してるよ、

相手はお父さんと同じ部署の人」



目の前が真っ白になりました。

私の腹心とも言うべき男が元嫁と関係があるというのです。



情けない私は何かの間違いではないか?

どうして唐突にそんな話が娘からでるんだ!?

などとうろたえてしまいました。



しかし目の前で娘は泣いているのです、

お父さんを馬鹿にして嘲笑っているあの人たちが許せないと言うのです。






750 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 15:24:20.69





つ④






747 名前:741[sage] 投稿日:2011/05/20 (金) 14:49:06.30





私は娘の勘違いであってほしいと思いつつ、

興信所を利用させていただくことにしました。

職務上そういった方面に繋がりがあるため、

会社で使っているところに個人的に頼みました。



期限は1ヶ月、土日祝日を除く平日を全て頼みました。

金額がとてつもないことになる、怪しい曜日などはないのか?

と言われましたが構わずお願いしました。

ただ部下とならば職場でほぼ毎日会うので、

時間だけは退社後の17時以降でお願いしました。





結果、真っ黒でした。

今まで元嫁が友達と遊ぶ、泊まりに行く、等と行って出かけた日は

必ず部下とデートをしていたのです。



興信所が1月かけて調べた調査報告書を受け取り、

私はもう笑うことしか出来ませんでした。



そして何故娘が気がついたのだろう?と思い聞いてみたのですが、

3月に私が出張で飛び回っている間に、

元嫁が部下を我が家に招きいれているところを目撃したから、と言われました。



言葉を濁しておりましたが恐らく行為もあったのでしょう、

私は人生で初めて人を○したいと思いました。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>