まとめ連合



あや「浮気しちゃった・・・。」 俺「はぴぃー?」→パニックになって裏声でた俺w

1: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:26:22.65 ID:RDsZiUGD0



社会人になって二年目

この前友達が留年を超え卒業、最近その話をして懐かしくなったから話したくなった。




2: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:29:38.99 ID:RDsZiUGD0



誰も見てないなwwww

でも頑張って書いていきます!





スペック



身長:180/体重80kg

顔:アンタッチャブル柴田を劣化させたと評判



元彼女

身長160/普通

上戸あやエラはりVer.

学校でもそこそこ美人って評判の女子



当時のことはそこまで詳しく覚えてないから

会話なんかはこんなニュアンスの会話をしたって感じで受け取ってほしい。




4: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:30:15.53 ID:RDsZiUGD0







大学二年になった俺はマジで順風満帆だった。

単位もばっちりとれてたしかわいい彼女はいるし、仲の良い友達も2人いたし。



毎日毎日のように一緒に彼女と過ごしてバイトが終われば彼女の家にお邪魔し飯を作ってもらう日々。

人生初彼女にして将来の嫁さんを見つけたって本気で思ってたよ。

明るくてでも見た目は派手すぎず家事全般もばっちりこなす本当に大学生かなってたまに思っちゃうくらいの才児だった。

今思っても全然つりあって無かったけどな。




5: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 2012/05/15 (火) 00:30:25.87 ID:7RNFf53T0



みてるぞ




6: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:30:28.20 ID:29JFN5ul0



よろしい、続けたまえ




8: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:31:53.02 ID:RDsZiUGD0





大学二年も前期中盤に差し掛かった6月かな

爺ちゃんの法事で実家に帰って親や親戚とシ酉食欠んでたら急に彼女から電話があった

大学一年の夏休みから付き合い始めて春休みに彼女を地元に連れて帰ったから親とは面識があって母親も親戚も「あやちゃん?」ってにやにやしながら俺を送り出してくれたよ。

俺も自慢の彼女だったからまんざらじゃない感じに「うっせーよww」とか言ってた気がする。

wktkで縁側からサンダル履いて外に急いで出て「早く帰ってきてよー」とか言うのかと思ってた。

でも違うんだよね、いきなりかかってきた電話越しであやちゃん号泣、意味がわからずてんぱる俺。



あや「ごめんごめん」

俺「いやどうしたんだよww」

あや「浮気しちゃった・・・。」

俺「はぴぃー?」



誇張とかじゃなくてマジでこんな声がでたわ。




9: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:32:39.66 ID:RDsZiUGD0



泣いてるあやを落ち着かせて話を聴くと留守中にサークルの先輩がお金がないから飯を食わせてほしいといわれたのでホイホイ家にあげたんだと。

そしたらHしちゃったんだと。

しかもそれだけでもイライラするのに、あまつさえ「あだじがぁぁぁぁ」とか言って一言言うたびに泣き出すんだこれが。

本当はその日に帰りたかったけどシ酉食欠んで車の運転は無理だから諦めて明日の朝一で帰ると告げた。

そしたら「いやだいやだ」とはっきり拒絶されちうわけよ。



俺「なんで?話したいんだけど」

あや「ごめん、もう俺君には会いたくない」

俺「 は ? 」



いやさすがにあっけにとられて怒り含んだ声が出ちゃうよね。




12: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:33:36.08 ID:RDsZiUGD0





あや「怒らないで!!!」

俺「いや怒っては無いけど意味わかんねーんだけど」

怒ってないわけが無いじゃんwwww

あや「もう俺君には会わないほうがいいと思う」

俺「いやいやいやwwwなんでだよwwwちゃんと話し合おうぜww」

あや「ごめんね。。。ごめんね。。。」

俺「いやだからなんに謝ってんのwww」

あや「好きにスギになっじゃっだのおおおおおおおおおお!!」



俺「 は ? 」




13: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:34:11.60 ID:RDsZiUGD0





あや「好きになっちゃったんだもん」

俺「いや、だから、え?」

あや「もうこんな女いやでしょ?分かれようよ」

いや確かにこんな女はマジで勘弁だが、この状況で「はい!」とでもいえるわけが無いだろwwwww

この売○がwwwwwタヒねww氏ねじゃなくてタヒねwwwwwwwwwwwwwwwwwww

俺「いや、とりあえず明日家にいくから!」

あや「いやだあわない!」

「ピッ」

ついでに電源を切っておく。

明らかに彼女といい話をしたわけがない俺の表情を見た親の反応がありがたかった反面くっそうざったかった。




16: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:35:19.63 ID:vjys3XDs0



俺の彼女がこうなったら俺どうしよう(´;ω;`)




19: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:36:39.33 ID:rgvX52Pw0



その…なんだ…どんまい




20: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:37:39.49 ID:RDsZiUGD0



翌日早朝からシ酉が抜けたのを確認して車に乗り込んで高速をこれでもかってくらいかっ飛ばして福岡に帰った

一日たってももちろん怒りがおさまるわけはないし、人生で初めて女をナグる覚悟であやの家まで車はしらせたわ

家について合鍵で部屋に入ろうとしたら扉が途中で動かない、チェーンかかってんだなこれがwwwwwwwww

マジで惨めwwwwwww名前を呼んでも出てこないしwwwwwwwwwwwwww

で気付いちゃうんだよ

玄関に男物の靴があんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

発強したねwwww鬼のように発強したよwwwwww

興奮しすぎて何をいったかも覚えてねーよもうwwwwww

んで、結局でてもこないし痺れを切らしてドア思いっきり蹴って自宅に帰った

帰って馬.鹿みたいにシ酉のんで吐いてシ酉食欠んで吐いて

人生初彼女がこれでマジなさけなくて、○い潰れて寝て起きて「夜だなー」

と思って冷静になって終わったって事がわかってシ酉のせいじゃなく普通に吐いた

そしたら惨めになってきてそれから一晩泣きっぱなし胃の中になんも無くてもゲロってでんだなと思ったよ

あん時が一番人生で米青神的にきつかった瞬間だったよねどう考えても、あのトラウマのせいで未だに女が信じられない束縛魔になっちまってる




21: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:37:51.90 ID:RH3yxg3b0



この女‥‥‥‥




14: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:34:25.24 ID:jYC/JpVuO



寝とられた上に復讐とか器が小さすぎる。

不倫じゃなきゃ自由恋愛だろ

そりゃ取られる訳だ




22: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:39:11.42 ID:RDsZiUGD0



>>14

その通りなんだよwww

俺が駄目だったんだよな実際www




25: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:40:21.92 ID:RDsZiUGD0





一週間くらいだろうなー泣いて泣いて飯もほとんど食えずに5kgは痩せたかな

やっと諦めがついてもういっそ二人で幸せになれとか出席日数がやばいってことで学校にいかなきゃ!って焦り始めるくらいの余裕がやっとできてきたころだ

前に言ってた友人二人が家にきてくれたんだよ

片方の名前は大木ってやつでもう一人は有吉(ちなみに両名はそれぞれその芸能人に似てるからこれにしとく)

先に紹介しとくと大木は物凄く性格が悪い、多分みんなの想像の三倍くらい性格が破綻してる

人の不幸で本気で飯を食っちゃうやつで人の不幸を自ら作り上げるタイプの人間ただ一緒にいると飽きなくておもしろいやつ

もう一人の有吉は天然系で何考えてるかわからずいつもふわふわしてる

いい意味でも悪い意味でも子どもっぽくてへらへらしてる感じ、ただどっからか知らんが大学いってないのに人脈が無駄に広くてみんなに愛される愛されキャラ



大木「ちゃーっす」

有吉「お邪魔女どれみー」

大木「生きてっかー」

有吉「っかー」

俺「おー生きてんぞーww」



何日か前にマー○ャンに誘われるメールがきたのを無視してた上に学校にきてない俺を心配してきたらしい




28: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:41:46.41 ID:RDsZiUGD0





大木「つかお前くっさwwwwなにこの部屋wwwげろまみれじゃんwwww」

俺「悪いwww気分悪くてさー」

有吉「ふられたんだなー」

冗談のつもりだったんだろうけど空気読めなさすぎわろりんぼーwwwww

俺「おー見事になーwww」



普通だとここで慰めてくれんじゃん?

俺の友人はそんなに甘くないんだわwwww



大木「えwwwwwお前それでげろって一日中泣いてたのwwww?wwww」

(笑い事じゃねーんだよ)

有吉「おい大丈夫か?」

(有吉お前はやっぱいいやつだよ・・・。)

俺「いやーしんどいわーwww」

『パシャッ』

俺「おい大木お前何してんだ」

大木「えwwwwwwmixiに乗っけて笑いものにしようと思ってwwwwww振られ男の現状観察日記wwwwwwwwwww」

(お前はやっぱ悪いやつだな)

有吉「それめっちゃ受けるwwwww」

大木「だろ?www」

俺「お前らコ.ロ.すぞ・・・」





30: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:43:02.64 ID:RDsZiUGD0



大木「でwwwなんでふられたんだよwwwww」

俺「実家帰ってる間に男作られたwwwwww」

有吉「悲惨だなそれ・・・」

大木「ちょっと飯炊いていい?wwww」

俺「大木ちょっと黙れ」

有吉「あっ俺もスパム食いたい」

俺「お前らもう帰れよ」



大木「悪い悪いwwwwあまりにもお前の不幸な姿が喜ばしくてさwww」

俺「お前ほんっとーにいやなやつだよな」

大木「最高の褒め言葉っすwww」

有吉「で、結局なにがあったん?」

俺「いやーかくかくしかじかでさー」

ところどころ大木の笑い声がはさまるんだけど有吉の方は割かし真面目に聞いてくれてたスパム食いながら

大木が笑いタヒにする手前で話終わった後に一緒に部屋を片付けてもらって大木がシ酉をおごってくれるといいだしたので居シ酉屋にいくことに

なんだかんだ結構やさしいとこもあったりするやつなんだよこいつ、いやなやつだけど




31: ◆jPpg5.obl6 2012/05/15 (火) 00:43:07.85 ID:Mt/PKd4Mi



>>28

大木ww

空気嫁ww




32: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:43:22.10 ID:aOgyT58GO



感情移入してしまう。すごくイライラする




33: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:44:06.29 ID:RDsZiUGD0



大木「んでさー結局どうすんの?」

俺「ん?どうすんのって何をだよ諦めるしかねーだろwwここまでされてんのにww」

有吉「まぁつらいだろうけどそれが無難なんけー」

大木「いやいやいやwwwそういう意味じゃねーよwwww復讐しないの?って話wwww」

俺「馬.鹿www復讐ってなにすんだよwww」

大木「決まってんじゃんwww不幸にすんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

有吉「それめっちゃいいwwwwwwwwwwwww」

よくねーよwwwwwwwwwwwwww




34: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:44:56.97 ID:RDsZiUGD0



大木「だってさ冷静に考えろよ、どうせお前のことだから二人で幸せになってくれとか考えてんだろ?」

(ばれてるwww)

俺「まぁなー俺にはもったいない女だったんだよ」

有吉「それは間違いない」

俺「おいwww認めんなwww」

有吉「悪いwwww」

大木「そんなこと思う必要ねーって、わかるか好きな女ってのは自分が幸せにしたい女であって誰かに幸せにしてほしい女じゃねーんだぞ」

とりあえず大木のこの言葉が今でもめちゃくちゃ印象に残ってる、しかも当時の俺は絶望に身を投げ出してたしこの後押しはすごくでかかった

大木「それにさーおかしいじゃん」

俺「何が?」

大木「お前が不幸せになってんのにそいつらが幸せになってるって」

俺「お前どうしたの、なんかいいやつっぽいぞ」

大木「俺は元からいいやつだぞ!なー有吉!!!」

有吉「どうせお前復讐してる>>1をさらし者にして笑う気だろwwww」

大木「お前って妙なとこするどいなwwww」

有吉「おまえのことずっと見てるカラなwwww」

俺「はははじゃねーぞおいwwww」

大木「さてどうやって復讐しようかww協力するぜえええwwwwwwwwwwww」

有吉「お前本当にそういうの好きだよねwwww」

俺「いやまだするって言ってないって」

大木「いやいいよ!これ俺の問題だから!」

俺「俺の問題だろwwwwwwwwwww」



とまぁ○いの勢いで復讐することが決定した。





35: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:46:02.41 ID:jYC/JpVuO



これで寝とった先輩が良い奴だったら完全に負け犬じゃねーか…




40: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:48:28.04 ID:RH3yxg3b0



>>35

人の女寝とるやつは

いい奴じゃない




42: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:49:01.33 ID:ZSKj7Qu90



>>40

彼氏がいることを知らなかったかもしれないだろ




37: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:46:26.15 ID:RDsZiUGD0



翌日大木の部活が終わってから家に集まることに

大木「ちゃーす疲れたー」

有吉「おつかれいんぼー!」

大木「れいんぼー」

俺「うぃー乙ー」

有吉「さーて計画はどうします?」

大木「それな、俺何個か考えてきたんだけど」

俺「流石っす先輩!」

大木「まずな、mixiを漁ってお前の彼女の出身校の男子生徒に無差別にお前の彼女のはめどりをだな・・」

俺「却下」

大木「冗談だよwww」

有吉「本気だろ?」

大木「7割くらいなwww」

俺「普通にそれはハンザイだろ!」

大木「しかたねーな・・・さっきのは本当に冗談なんだがその男がどんなやつか知りたいんだよなー」

俺「いうて、あやのサークルの先輩ってことしかわかんないんだよねww」

有吉「サークルって野球サークル?」

俺「多分そうだと思う!」

大木「へーそうか、ていうかそれ以前に尾行すればよくね?」

俺「尾行?w」

大木「俺さ二日くらいあやちゃんの家の近くで待機するから家に男入ったら多分そいつだべw」

俺「お前それハンザイじゃねーのか?」

有吉「俺もそう思うぞwwてかきもいwww」

大木「えっ?ばれなきゃハンザイじゃないんだよ?」

俺「お前それ本気で言ってるだろ」

大木「冗談だってwww」

俺「冗談にきこえねぇよwww」

有吉「張り込みは6時間交代くらいでいいけ?」

大木「いやーバイトやってるだろうし三日間夜の7時から12時くらいまで張れば十分だろ」

俺「本気じゃねーかwww」

大木・有吉「当たり前じゃーんwwwww」





39: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:47:47.08 ID:RDsZiUGD0





結局翌日から大木と有吉が張り込みをすることになった。

俺が行くとガチで通報の危険があるのでお前は来るなだそうだ。

顔を覚えればいいだけなので写真なんかを撮ることはないって言ってたにしても心配で心がはち切れそうな俺

それをよそにテンションがうなぎ昇りの二人

もう止められねぇと悟ったときどうでもよくなってきた俺はむしろ成功してくれーくらいに思うようになってた

というかむしろ見たかったしwwwwwwwwwwwwwww



計画は早いもので初日っから家の前のコンビニ脇で大木がタ.バ.コ.を吸ってるときにまんまと彼氏は現れたらしい

電話をかけてきた大木はどこか興奮気味



大木「おい!喜べ!イケメンだぞ!wwwwwwww」

俺「全然喜べねーよ、どんなやつだった?」

大木「ぱっと見ギャル男って感じかなー髪超盛ってたwww」

俺「マジかよwwwwなんでそんなやつなんだよwwww」

大木「でもあれ多分学内喫茶で見たことあんべ」

俺「え?そんなやつ多すぎてわかんねーんだけどww」

大木「あーでも数日通ってりゃみれんじゃねーかな、とりあえずすげーむかつくタイプのやつだよこれ」

俺「わーったあんがと!」



なんでそんな目に見てわかるような糞男に女をとられたのかと思うと情けないやらなんやらでその日も俺はシ酉を食欠んで吐いて寝た




38: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:47:36.75 ID:ZSKj7Qu90



スパムとか犬のエサじゃん




41: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:48:58.20 ID:RDsZiUGD0



>>38

スパムは金のない俺らのソウルフードでした!www

深夜はよくバイク転がしてラーメンもいってましたけどwww




44: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:49:43.78 ID:RDsZiUGD0



翌日、大木の部活の後俺の家に集まった。

大木はタ.バ.コ.を吸いながらネットで女を漁り、有吉はもってきた弁当を食う。

俺はPCに向き合ってレポートを仕上げる、いつもの光景だけど話してる内容は穏やかじゃない。



大木「しかし、復讐っていっても何をすればいいんだ?」

有吉「相手が嫌がること考えんのはお前の仕事」

俺「そうお前の仕事」

大木「つってもなー、相手がどんなやつかわかんなきゃ嫌がらせの方法も思いつかねーやん」

俺「それを思いつくのがお前だろ?」

実際にこいつの嫌がらせのセンスは凄まじい、それこそ天が与えた才能としか思えないレベルに。

有吉「んーじゃぁ明日みにいくけー」

大木「そうだなー、それが一番早いかもな。」



と、言うわけで彼女の浮気相手の顔を見に行くために三人で学内喫茶に足を運ぶことにした。




47: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15 (火) 00:50:51.36 ID:RDsZiUGD0



俺「本当にいんのか、浮気相手」

大木「結構頻繁に見る連中だから絶対くるはずなんだけど・・・」



三人で一番安いアイスコーヒーを一杯ずつ頼んで敵の出現を待つ

大富豪をしながら誰がコーヒー代を持つか白熱してる最中に敵は出現した。



大木「あっ着たあいつだ」

俺「馬.鹿、指さすなよ、ばれたらどうすんだよ!」

大木「大丈夫だろwww」



指差したその先にいたのは典型的なギャル男だった

金髪の髪の毛をM字バングに決めて尖った靴を履く。

周りのやつらも同調するようにホ○ト風の格好を決めている。

ものすごい溜息がでた、イケメンといえる代物ではないが確かに小奇麗な感じなやつらだ

しかし気に入らないのは後ろに男子3人女子2人と女を連れていること。

本当にこいつは野球サークルの人間なんだろうか・・・。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加






おすすめ記事情報

まとめ連合

新着情報!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>