Home » ブログ » 日本のカジノの合法化

日本のカジノの合法化

日本はギャンブルに適した場所です。国で最初に記録されたギャンブルの事例は7世紀でした。さらに、それは帝国裁判所のお気に入りのパートタイムでした。しかし、過去にいくつかの失望がありました。この点で、業界による急進的なロビー活動と2000年代初頭に可決された法律が要因となっています。さらに、国は陸上カジノの最初のラインを開こうとしています。それに加えて、これはまた、既存のパチンコギャンブル業界に挑戦をもたらすように設定されています。

歴史:

現在、日本はギャンブル業界を犯罪としています。しかし、この国はギャンブルの育成地でした。第二次世界大戦後、国は経済に取り組むためにギャンブルを使用し、かなりの回復を遂げました。また、国内および一部のモータースポーツでの競馬も可能です。しかし、カジノが設置された後、国内の多くのことが変わることになっています。

日本のカジノ

刑法第23章:

これは国のギャンブル法です。刑法第23章によると、国は公的または私的を問わず、あらゆる形態のギャンブルを犯罪としています。ただし、国内でのさまざまな種類の賭けは除外されます。法律は厳格ですが、オンラインカジノは、国境の外から運営されている場合、市民にサービスを提供することができます。それに加えて、パチンコ業界も活況を呈しています。

日本のカジノ

統合型リゾート(IR)有効化法:

これは、早くも2000年代に可決された法律の結果です。しかし、実を結ぶことはありませんでしたが、2015年に新しい法律が可決されました。その結果、2018年に統合型リゾート有効化法が施行されました。これにより、国内の3か所に3つのカジノが設置されます。 1か所の入札が確定したため、最後の2か所は様々な企業との競争が激しくなっています。

除外:

法律の特定の条項は、ギャンブル依存症を思いとどまらせます。これは、法案がまだ可決されていないときの立法府の差し迫った懸念の1つでした。それで、それに対処するために、この法律は日本人のための特定の条項を持っています。日本人の入国は週3回、月10回のみとなります。それに加えて、カジノ内に入るには6000円の入場料を払わなければなりません。しかし、外国人にはそのような規則はありません。それに加えて、国内のカジノはカジノ管理委員会によって規制されます。彼らはライセンスを付与し、許可を取り消し、また業界を規制します。彼らの仕事は、法律で定められたガイドラインの適切な実施を見ることです。現在、大阪にカジノを設立するライセンスを持っているのはMGMだけです。

日本のカジノ

結論:

国内にカジノを設立することで、パチンコ業界も一変するでしょう。しかし、これは確かにギャンブルの観光と娯楽の問題でより良い娯楽を提供します。この国はゲーム業界で評判が高く、期待が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *