Home » 日本でのギャンブル

日本でのギャンブル

日本でのギャンブル

日本でのギャンブル

日本でのギャンブルは1945年以来物議を醸しているトピックです。しかし、これは常にそうであるとは限りません。国は産業の場であり続けており、国でのギャンブルの最初の例は7世紀に発生しました。宮廷の非常勤であることに加えて、それはまた、戦後の国が経済を回復するのを助けました。現在、国はあらゆる形態のギャンブルを禁止していますが、日本は3か所に陸上カジノを開設する予定であるため、これは取り消される予定です。 歴史: 先に述べたように、この国でのギャンブルは良い日を過ごしました。宮廷から18世紀の現代のギャンブル活動まで、業界は進歩しました。 1907年に業界を規制するためにより厳しい規制が導入されました。しかし、これは戦争のために放棄されなければなりませんでした。日本の文化圏で業界が直面している問題の1つは、世論です。それでも、業界の急進的なロビー活動のおかげで、前向きな表現が助けになりました。 刑法第23章: 国の法律はあらゆる形態のギャンブルを禁止しています。それがオンラインカジノであろうと陸上カジノであろうと、日本はこの点に関して厳しい規制を持っています。刑法第23章は、国の国境内でのいかなる形態のギャンブルも禁止していました。ただし、外国のカジノでギャンブルをすることはできますし、円での支払いも受け入れるさまざまなカジノがあります。 統合型リゾート(IR)有効化法: この法律は最近2018年に可決されました。統合型リゾート実現法によると、国は統合型リゾートの3か所に3つのカジノを設立することを許可します。過去に多くの試みがありましたが、ハードワークは2018年にのみ実現しました。現在、MGMだけが大阪で入札を勝ち取りました。残りの2つの場所を勝ち取るための競争はまだ続いています。 条項: 当局の差し迫った懸念の1つは、ギャンブルに付随する依存症でした。しかし、この法律の条項は、日本人による頻繁なギャンブルを思いとどまらせるでしょう。入場料として6000Yを支払う必要があり、カジノへの入場は月に10回または週に3回のみです。 カジノ管理委員会: この委員会は、国内のギャンブル活動を監督するために作成されました。彼らはライセンスを付与し、取り消します。それに加えて、彼らはギャンブル規制が文字と精神で守られているかどうかも確認します。ギャンブル業界は、既存のパチンコ業界に確固たる挑戦をもたらすように設定されています。ゲーム分野でのこの国の評判を考えると、この2つがどのように私たちにより良いギャンブル体験を提供するかはまだわかりません。 結論: 国がハイエンドのカジノエンターテインメントを提供することは間違いありません。ただし、この国の電子ゲームの評判と基準は、今後の新しい業界に影響を与える可能性が最も高いです。国が新たな旅に出たので、期待は高く、世界が楽しむための新しいギャンブルの目的地になることは間違いありません。